サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ふたたび渚に(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-70110-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ふたたび渚に (光文社文庫)

著者 西村 寿行 (著)

ふたたび渚に (光文社文庫)

475(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ふたたび渚に

648 (税込)

ふたたび渚に

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

非情と無情とそして獣性

2017/03/11 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近は領土やら領海やらで名前の出る海上保安庁だが、本来は海上で起きる犯罪を捜査するのが仕事で、それもかつては地上に上がった犯人を追うには組織力が弱体だったのだという。その普通なら迷宮入りになっていたような国家謀略的事件を、関守充介という男が暴いて海の男たちの面目を立て、自らも九死に一生を得たのが前作「遠い渚」だが、その捜査のあまりの苛烈さの責任を取って、組織からは退いてしまっている。しかし15年前のインドネシア貿易の貨物船沈没の謎にまつわる怪事件に、否応無しに巻き込まれてしまう。
事故の真相を調べようとした船長の息子も、船のわずかな生き残りも次々に怪死を遂げる。15年もの間、その秘密を守り続けようとする組織とは、よほどの強力な黒幕がいる。そして関守自身も命を狙われ、妻は人質に取られる。
辣腕の殺し屋が姿を現し、そこをたぐれば政界の闇にたどり着き、戦時中のインドネシア占領時の事件へと発端は遡っていく。探索の過程で血で血を洗う抗争は続き、関守も幾度も死地をくぐる。
殺し屋のストイックなスタイル、生き様もまた非情でありながら鮮烈で、終わりなき闘争を予感させるが、国家というさらに大きな力が押し流していく。非情とは違う、無数の人々の無情な行為の集積である組織の裁断は、個人の行為をはるかに越えて残虐だ。
しかし政府の大物である黒幕に堂々と宣戦布告をうった背水の関守は、深く傷を負いながら、徐々に敵を追い詰める。やがて国家から切り捨てられた黒幕は、一個人としての闘争に突入するのだが、戦時中から幾十年かけて醸成され、威力を振るってきたその獣性はすさまじいものがあった。
悪役がその悪ゆえに主役の座をさらってしまうという作品はいろいろあるが、これはもう主役などというスケールを越えて、ほとんど悪神と呼ぶべき圧倒的な力で世界を支配してしまう。
人間と神の闘争である。神とは自然の荒ぶる力のことだ。
あらゆる人間の闘争は、最後は自然との戦いであり、あらゆる人間にその性質は宿っている。酸鼻とエロスが極限までに暴走し、ステージを変えながらエスカレートしていく中に、寿行のこの自然観が、突然ふたたび披瀝されてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む