サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

殺人詩篇(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

殺人詩篇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ウィル・ハリス (著),斎藤 数衛 (訳)

殺人詩篇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

691(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

海外ミステリファンは古本好きである

2005/05/15 15:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「海外ミステリファンは古本好きである」と言い切ってしまうといろいろ反論もあるでしょう。個人的意見、極論ではありますが、あながち間違っていないのでは。好きな作家の、すでに絶版になってしまった本を探して古本屋を何軒も歩いたり、ネットで何度も検索したり、という経験を持つ人は多いことでしょう。そうしてようやく見つけ手に入れたときの喜びといったら!これを繰り返すうちに、すっかり古本にはまって(?)しまうのです。そんな好きなものが二つ合わさった、古本の出てくるミステリが本書。と言っても、一冊数百円で買えるようなものではなく、古本と言うよりは古書と呼ぶほうがふさわしい、世界に数冊しかないような貴重な本が出てきます。この希覯本を手に持った図書館司書の男が殺される。本が贋作ではないかと疑っていたらしい。彼の友人の書肆学者クリフは、被害者の娘に頼まれて犯人探し、さらには古書の真贋の調査をはじめることになる。この古書の真贋の調査が、古書に限らず本の装丁法や印刷法などウンチクがいっぱい詰まっていて、犯人探しなんかどうでもいいやと思えるぐらいに滅法おもしろい。まさしく(古)本好きのためのミステリです。古書を扱ったミステリというと、パーカー『ゴッドウルフの行方』やダニング『死の蔵書』(そういえばこっちの主人公の名前もクリフだ!)が思い浮かびますが、どれもなかなかのできばえ。と言うことで最後にまた個人的な意見を。「古書とミステリは相性ピッタリ」「古書を扱ったミステリに駄作無し」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

妻を亡くした大学教授が、親友の殺人事件の謎に巻き込まれていく素人探偵もの。懐かしの探偵小説。

2002/06/20 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ、死んだリンクは、大学の図書館から持ち出した稀少本を手にしていたのか。
彼がクリフに残したメッセージにこめられた意味は?

主人公のクリフ・ダンバーは、ベトナム帰りでケンカにはめっぽう強い。
ひょんなことから知合ったモナと組んで事件を追うスタイルは、
どこかアガサ・クリスティを思わせますが、クリスティの作品に、
こんなに強い探偵は出てこないか(笑)
でも、パートナーの女性、モナに振り回されるところは、クリスティ
お得意のカップル探偵と似ているかも。

ピカ1の校正者で、才気煥発なモナ。
決して「美人」というのではなさそうですが、内面からくる輝きが、
彼女をとても魅力的に見せてくれます。

それから、リンクの同僚であった司書のアキラ・ヨネナカ。
この日本人の青年が、とても好青年。
本が好きで、仕事にプライドと情熱を持っていて。
作者が、日本人をこんな風に好意的に描いてくれているのって、
なんだか嬉しいものです。

それから、証言を求めてクリフが訪れた1人の老婦人ゴルディナ。
彼女は、クリスティの世界に出てくる噂話の好きな、ちょっと辛辣な
老婦人のイメージ。
なんてチャーミングなレディ。

事件を追うクリフは、ある男が寄贈した1冊の本が大きなポイントに
なっているのではと疑い始めます。
この本が、本物ではないとリンクが疑っていた形跡があるのです。
そして、徐々に明らかになっていく様々な過去。
ところが、そんなクリフにも、真犯人の魔の手が忍び寄り…。

舞台を現代に置きながら、懐かしの探偵小説の趣き。
なんとも嬉しい1冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古書ミステリの先駆的作品

2002/01/06 03:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アパートのガレージで発見された死体。そのかたわらには、一冊の書物があった。時価30万ドル以上といわれる稀覯本。貴重な植民地時代の活字印刷本で、「ベイ版詩篇」と呼ばれるものだった。殺害されたのはロサンゼルス大学図書館の司書主任。警察は物盗りによる強盗殺人としてこの件を処理した。しかしなぜ「ベイ版詩篇」が? 被害者の友人であった教授のクリフォード・ダンバーは、被害者の娘に懇願され、事件の再捜査を始める。

 一冊の本から、徐々にスケールの大きな事件に発展していく。主人公クリフが謎を追う過程がスリリングで、ページを捲る手が止まらなかった。活字や校正、偽本の鑑定など、稀覯本をめぐる書誌学的ウンチクも、いい味付けになっていて楽しめる。よかったです。

☆ヒグマ文学館

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/26 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/08 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。