サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「お葬式」日記
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.2
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-338870-2

紙の本

「お葬式」日記

著者 伊丹 十三 (著)

「お葬式」日記

1,646(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

伊丹の才能のありか

2007/06/30 12:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画にメイキングというジャンルがあるが 映画監督が映画撮影中に書いた日記というものは 本作で初めて読んだ。


 実に面白い。


 俳優とのやりとりや 撮影現場の状況なども面白いが やはり監督という「孤独な」立場にある人の心境が一番惹かれたものである。


 伊丹は映画を撮影しながら しきりと他の映画を観ていることが良く分かる。おそらく 初めての映画監督という仕事に対して なかなか自信が持てない中 旧作を見ることで必死に何かを学ぼうということだったのかと思う。
 小津や ヒッチコックといった 熟練の監督の作品を見つめている伊丹の眼差しには 初々しいものがある。


 僕は 伊丹という人は脚本を書かせたら 当代随一だったと思う。着眼点は常に新鮮だし 材料の手さばきも実に見事だ。
 但し 映画監督としての才能は また別のところにある。残念ながら 伊丹には その才能は無かったと思う。伊丹が監督した作品は 丁寧だし 凡百の映画に比べると群を抜いている。
 しかし 何かが無いという思いは常に残る。最後に伊丹が自死した理由は 僕は そんなところにあったのではないかと思えてならない。


 こんな本を書けた才子だけに 自分が映画監督の才に恵まれていない事が許せなかったのではないか。そんな気がしてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/14 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む