サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弔鐘はるかなり(集英社文庫)
弔鐘はるかなり(集英社文庫) 弔鐘はるかなり(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-750854-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

弔鐘はるかなり (集英社文庫)

著者 北方 謙三 (著)

弔鐘はるかなり (集英社文庫)

670(税込)

弔鐘はるかなり

540 (税込)

弔鐘はるかなり

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.0MB 無制限
Android EPUB 9.0MB 無制限
Win EPUB 9.0MB 無制限
Mac EPUB 9.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出発点の原風景

2004/01/15 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は作者のデビュー作らしい。そこには後年の作品にはない特質があれこれ窺えて興味深かった。
一つには「濃さ」である。作者の後年の量産ぶりはすごい。それでも面白いからもっとすごいのだが、しかし面白くても薄いものもある。だが、デビュー当時、長年修行した純文学をついに断念して娯楽小説を書いた作者が搾り出した作品には、そこに至る思いが詰まっていて、それが一つには濃さとして現れているように思う。これは必ずしもほめているわけではない。もっと力の抜けた、すっきりした作品のほうが「斬れる」場合もあるからであり、事実後年はだんだんそうなっていくと思う。ここではプロットも複雑で、作品としての焦点が多すぎるような気がする。だがそれを破綻なくまとめ上げてゆく力量はさすがである。
もう一つは、この作品は嫌味なまでに紋切り型であるということだ。これは逆に、必ずしもけなしているのではない。ここにも純文学と決別して娯楽に入らざるを得なかった、おそらくある種の地獄を見たであろう作者の思いが窺えると思う。いわば自虐的に、これでもかこれでもかと娯楽的要素を組み入れる。そして己の可能性を試すかのように、それらをひたすら研ぎ澄ましてみる。
そうしたある種の自虐というのは、主人公の人間像にも反映しているように見える。己の中の異質性(ここでは暴力性)を苦さをもって認識し、それを解き放つことを快とする主人公と、娯楽性を思いがけず発見し、ある種の苦さを抱えながらもその道に邁進する作者とは重なって見える。だから主人公は、単にハードボイルドだからという以上に、いつになく狂暴であると感じられる。主人公は自分をコントロールできず、あるいはしようとせずに華麗なる滅びの道を行くが、作者の場合にはそれが可能性として新たな世界へ開けていくであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/03 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/15 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/27 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る