サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

剣客商売(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-115623-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

剣客商売 (新潮文庫 剣客商売)

著者 池波 正太郎 (著)

剣客商売 (新潮文庫 剣客商売)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スーパー老人剣士ならではの知略・情報力・体技が魅力。

2017/05/23 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スーパー老人剣士ならではの知略・情報力・体技が魅力。60歳の老人が若者相手に勝ち続けることが本当に出来るのかなどと野暮なことは考えずに、サラリと楽しみましょう。出だしでは、当然、息子・秋山大治郎が主役と思ったのだが、父・秋山小兵衛が主役だったのには意表を突かれました。小兵衛は隠居という身分を上手く生かして、謂わば「仕事人」という裏稼業で稼いでいるという設定。短編集なので、出来不出来があり平均して4点といったところか。この後、秋山大治郎と佐々木三冬(ミフユ)とがどのようなことになるのかが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人物の対比がおもしろい

2001/09/27 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タカイチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テレビの時代劇は、よく見るけど、原作を手に取ったのは、この本が初めてかもしれない。なぜか? それは、主人公の、秋山小兵衛の、ひょうひょうぶりと、息子の、大治郎のストイックな性格の違いか。また、昭和48年に、出版されたのにも関わらず、文章が新しい。私は、これで、時代小説にはまりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新時代劇

2001/01/23 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カリエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一言でいうと、新時代劇。読み終えた後、新刊の現代小説のような新鮮さを感じた。
 登場人物、設定などもユニークでありながらも、時代劇宛らの殺陣のシーンには息を呑むほどである。又、江戸時代の情景の美しさも切々と伝わってくる。
 これぞ、池波正太郎ワールドだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/07 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/08 07:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/14 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 04:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/09 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/28 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/17 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/12 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る