サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ホワイトストーンズ荘の怪事件(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.4
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-21901-2
文庫

紙の本

ホワイトストーンズ荘の怪事件 (創元推理文庫)

著者 セイヤーズ (ほか著),宇野 利泰 (訳)

ホワイトストーンズ荘の怪事件 (創元推理文庫)

518(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

連作ミステリセイヤーズとクロフツの共演!

2001/11/17 13:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 
 六名の作家による連作ミステリです。
 
 各人が一章ずつを受け持って書かれた六章仕立ての長編で、参加している作家陣は、執筆を担当した順番に、セイヤーズ、クロフツ、ウィリアムズ、ジェス、アームストロング、ヒュームという面々。前の二人以外は、知りません……。
 
 面白いのは、自分の担当した章の各所にちりばめてある有用な情報を、後続のためにまとめたメモ残しており、本となった際には、これらが章の間に載せられていることです。推理小説を書く上で、巨匠たちがどのようにして考えをまとめているのかがわかって、とても面白い。このメモの面白さも、さすがにセイヤーズとクロフツがずば抜けているという印象があるんだから、僕が名前を知っていただけあって、この二人はやっぱり偉大です。
 
 
 本書で気になるところは、序盤と終結の部分でしょうか。
 
 序盤は、セイヤーズからクロフツへの奇麗な流れがあるし、クロフツだってセイヤーズの残した事件現場の地図を、より精緻なものにしたりしている。ここが間違いなく、もっとも楽しい部分になっています。セイヤーズがまとめたメモは、素晴らしい出来だし、スリーパインなるリアルな設定の毒薬もいい。クロフツの描写にも、心理へのこだわりみたいな独特の色が出ています。
 
 この時点で、面白がった巨匠たちが好き勝手にやっていることはわかるけど、後続の人たちがちょっといただけなかったような印象がどうしてもあるのが、中盤から後半にかけての展開。なんとか無事に終結するまで、言い訳がましくなったような感がぬぐえません。それに、せっかくのタイムテーブルと地図を、大胆不敵にも無視してしまうのは、いかがなものかと。当時、誰も怒らなかったんでしょうか。
 
 とは言え、試行錯誤の過程が六通りも見られたのは、新鮮で楽しい経験です。滅多に味わえないタイプの推理小説だったことは間違いないし、面白い本ですよ。
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/25 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/21 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/22 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。