サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくらの七日間戦争(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 102件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-160201-7
文庫

紙の本

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫 「ぼくら」シリーズ)

著者 宗田 理 (著)

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫 「ぼくら」シリーズ)

596(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー102件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

最高にカッコイイ大人への挑戦状

2005/04/12 21:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中高生に圧倒的な指示を得ている「ぼくら」シリーズの原点であるこの作品は、もちろん私にとっても青春のバイブルでした。
これを読んだ当時、私自身も中学生で、シリーズを追うごとに彼らと共に成長していけたことを嬉しく思います。
全年齢に受け入れてもらえる作品だと思うのですが、特に中高生にオススメしたいです。
ストーリーはというと……大人たちの定義した「理想の子供像」から大幅に脱線した英治たちは、中1の夏休み、廃工場立てこもって子供だけの砦を築く。集団誘拐か、と騒ぎ出す大人たちをよそに、子供だけの共和国を、たった7日間という短い期間ではあるけれど、作り上げることに成功する。これが大まかなあらすじなのですが、若い世代の人には共感できる部分が多いのではないかと思います。
もう大人になってしまった人より、これから将来の選択をすべき分岐点に立ち、悩んでいる人の道標にもなると思う。
勉強ができて、親の言う事を聞いて、塾に行って、うちの子はどこどこの某有名私立付属を狙うんざますの。なんて言ってる親が増えている。
社会が学歴社会になってしまった以上、受験戦争は当然拒めないもの。
むしろ、中学に入って皆と同じようにスタートラインを切る昔と違い、小さな子供の頃から、「お受験」と称した管理教育が始まる昨今。将来の夢を親が決めてしまうことも、あながち珍しくないのではないかと思う。
小さい頃はサッカー選手だったり、ケーキ屋さんなど、とりあえず憧れの職業が将来の夢だったりするのに、安定した職だからと国家公務員を目指す、という幼児が出ているようだ。幼い口から「国家公務員」なんていう単語が出てくること自体、時代が変わったんだなと痛感する。
ファミコンが流行った時代は、メガネをかけている子をみると、ゲームのやりすぎ、なんて思ったが、最近の子だと、たぶん勉強のやりすぎだろう、なんて先入観をもつ。その先入観を持ってみれば、なるほど賢そうに見えてしまうから不思議。
英治たちは「お受験」「規則」を前提にした大人達からみれば確かに理想の子供像とは言えない。むしろ「悪い子」と定義されるの普通。
けれど、全ての子が大人のいう「良い子」になったとして、その時社会は本当に成り立つのだろうかと思う。何でも吸収できる若年層の時代に、勉強一筋で本当に昔を振り返って幸せだったと思えるのか。
携帯が当たり前になってきた今は、友人同士の繋がりも気迫になりがち。メモリーが消えてしまって、誰とも連絡を取れない、まさしく携帯で繋がっていた友人が何人もいるのではと思う。
きっとこれを読んで、戦友ともいうべき友人を持つことがどれほど大切で、世に言われる馬鹿をすることがどれだけ最高なのかを学べるのではないかと思う。
勘違いして欲しくないのは、決して勉強するなと言ってる訳ではない。ただ数式にがんじがらめになってしまい、キレテしまう前に、一度くらいは外に出て友人と遊んでみればいいのでは?
読み始めたら止まらないシリーズ。これではまってしまって、勉強の妨げにならないように、それだけが注意点です^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大ヒットシリ−ズの元にあるもの

2000/08/25 15:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:榎本秋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在小中校生に絶大な人気を誇るぼくらシリ−ズの記念すべき第一作で、宮沢りえ主演で映画化され大ヒットとなった。『僕ら』シリ〜ズ最大のヒット作であり、70刷を越える角川文庫の中でも有数の名作である。
 70年代アンポ闘争の世代のジュニアが中学生になった時代。「熱さ」を失った「大人」に代わり子供達が解放区を再興するというスト−リ−。誘拐騒動や傷病軍人・汚職の構図などの問題提起を含みながら物語は展開する。

 著者の宗田理氏は1979年社会派サスペンス「未知海域」で、一躍脚光を浴びた作家であり、もともとは文芸誌の編集長を務めていた。その後いくつかのミステリ〜を発表し、現在角川文庫に収録されている『少年みなごろし団』『大熱血落ちこぼれ探偵団』『怪傑TVジャガ〜ズ』らの少年を主人公にした作品群を発表。これらの作品が1985年の書き下ろし作品である本作『僕らの七日間戦争』に結実する。この後、続編の『ぼくらの天使ゲーム』が発表される。このころはまだシリ〜ズ化はされていなかったが、第三弾の『ぼくらの大冒険』からはシリ〜ズ化されることになる。

 現在では、本書の主人公達の次の世代を描いた『新ぼくら』シリ−ズが展開中である。

 たしかに、今の価値観からすると古びた作品かもしれないが、著者のメッセ−ジが一番凝縮されている原点とも言える作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思い出の本

2018/10/18 01:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の時に読んで、すごく思い出に残った本です。私が中学生の時点で、既にだいぶ前に出た本でしたが、古さを感じずに引き込まれました。
当時に私がこの本を読んだからといって、大人に立ち向かおうとは思わなかったですが、友人の大切さを感じると同時に、本の中のクラスを羨ましく感じました。
大人になった今でも、すごく心に残っているのは、
・クラスの男子達にすら来ないと思われていた気弱君の、物語中の一連の行動
・みんなが出会った老人(?)の話や行動
・立てこもりの外側で戦う女子
・女子達の頭を使った戦法
ですね。いま思うと、主人公のことはあまり覚えてなくて、自分と被る部分のある子のことか、当時衝撃を受けた話しか覚えてないですね。
むしろ、中学生にとっては、登場人物の誰かしらと被る部分があるから、皆がハマってしまう人気の本なのだと思います。
いま、この本と同じ題名の本がモロな児童書として売られていますが、同じ本なんですかね?児童書にすることで、読んですれる小中学生が増えるのは、私にとっては嬉しいことです。しかし、確か少々過激な描写があった気がしますが、あの辺はそのままで児童書になってるんですかね?個人的には、あの程度は児童書になっても問題ないと思っていますが、あらゆることが過剰に厳しすぎる昨今、どうなったのか気になるところではあります。あと、今の子達は、学生運動とか説明無しで分かるんでしょうか。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春

2002/04/15 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンヂ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公達が大人達や法律と戦うべく友達と立てこもるのだが、その仲間が皆個性派揃い。今時いない感じ?? 皆すぐ熱くなれるし何より友達想い。友達はいるけど、どこか冷めた関係の友達を持つあたしにとって凄く羨ましいです…。現実にあたしの側にこんな仲間がいたらいいなぁと思いました。この本は中学生に是非読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こどもvsおとな、こどもはいずれおとなになる

2008/06/21 19:54

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼくらの七日間戦争 宗田理(そうだおさむ) 角川文庫

 中学1年生のこどもたちとおとなとの戦いです。昭和50年代後半の作品でしょうか。それにしては、 ドラえもん、アントニオ猪木、古館アナウンサーと現代と相通ずる記事も目立ちます。
 誘拐話の挿入は楽しいものでした。この逆が映画「バトルロワイアル」だろうか。
 本を読み終えて 巻末にある本の紹介コーナーを見ました。昔読んだ本がたくさんあってなつかしい気分に浸りました。風に吹かれて・五木寛之、羅生門・芥川龍之介、城之崎にて・志賀直哉、九月の空・高橋三千綱、スローカーブをもう一度・山際淳司、無影燈・渡辺淳一、日本人とユダヤ人・イザヤベンダサン、変身・カフカ、車輪の下・ヘッセ。
 さて、物語の中で中1だったこどもたちは今30代です。私の周りを見渡すと、 この世代には未婚者がたくさんいます。大人との戦いを終えてこどもをもつことが嫌になったのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんかいまいちだった

2001/07/16 18:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中学生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いろいろな本などでこの本はすばらしいと書いてあったので読んでみた。でも期待はずれだった。たしかに一週間にこんなにいろいろなことを濃く入れたのはすごいかもしれない。また子供が立てこもって、大人に対抗するのはすごいことかもしれない。でも何かが面白くなかった。ぼくにあわなかったということかもしれないが、古い(約10年前の作品)というのもあるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あれ、めちゃくちゃ面白い・・・

2018/07/23 12:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生か中学生の時に読んだのは間違い無いのですが、
特に面白く感じなかった記憶があるんですよね。
だから三十路の今読み返す機会を得たものの「これつまんないんだよなあ」と
思いながら読み始めたら・・・あれおかしいな、こんな面白かったっけか・・・
活字中毒だった当時の自分(今もですが)に何故響かなかったんだろう・・・
たぶんこの理不尽な親(母親とかさすがに非現実的)や教師の雰囲気に
読みながら恐怖を覚えたのかもしれません。そういう描写苦手だった記憶あるし。
こんな親や教師にリアルに脅かされる可能性が無くなった今だからこそ楽しめるのかも。
ちょっと調べたらシリーズがアホみたいに(失礼)出ててぶったまげました。読みたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 04:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/06 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/01 06:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/19 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/07 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/26 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る