サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本因坊殺人事件(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-160702-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

本因坊殺人事件 (角川文庫)

著者 内田 康夫 (著)

本因坊殺人事件 (角川文庫)

518(税込)

本因坊殺人事件

518 (税込)

本因坊殺人事件

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

推理小説の本格派に属するのでは

2006/08/27 21:18

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 内田康夫の作品の中でも比較的初期に書かれたもので、長編としては2作目の作品という。そのせいか、主人公は浅見光彦ではない。最近はほとんどが浅見になっており、たまには変化をつけて欲しいものだと思っていた。
 タイトルから分かるとおり、囲碁に関するエピソードである。本因坊といえば囲碁の有名なタイトルである。今回はそれとは異なった架空のタイトル「天棋」戦が、宮城県の鳴子温泉で行われるところから始まる。何が始まるかといえば殺人である。
 本編の主人公といえば、囲碁担当の社外記者、この天棋戦を戦う若手棋士、そして天棋戦を戦うもう一人の棋士、つまり本因坊のタイトルを持つベテラン棋士などなどである。舞台となった鳴子温泉には私もつい最近行ってきたのだが、温泉街としては思いのほか小規模で、夜も温泉街特有の賑わいは感じられなかった。近くには鳴子峡という渓谷もあり、なかなかの絶景であった。温泉街には土産物屋と並んで、地元の名物であるこけしの店が目に付いた。
 このような地元の特徴をもう少し登場させてもよかったような気がしたが、内田の描き方はあまりその地域に深入りしない点で一貫している。それは一つの見識であろう。それにしても、初期の作品は、無駄がほとんどない。○○殺人事件というタイトルが付けられている作品は、共通してスリムかつシンプルである。一方、最近の作品は社会性、時事性を際立たせるためか、内田自身の意見開陳にページを割く傾向が強い。
 本編では、この天棋のタイトルを仕切る新聞社を変更するという出来事を扱っているのだが、つい最近も大新聞社の間でこれに類した揉め事があったばかりで、昭和50年代に書かれた作品にしては、古さを感じさせない。
 筋立てはシンプルでもっと意外性があってもよかった思うのだが、久しぶりに推理小説の本格派を読んでいるような気がした作品であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本格派の囲碁ミステリー

2001/11/26 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鉄琴奏者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 鳴子温泉での「天棋戦」で負けた後、棋界の長老である高村本因坊が水死体として見つかる。その後、記録係の三段までもが水死体で発見される。自殺か、他殺か、裏に巨悪がいるのか!? そして、あっと驚く結末が…。
 文句なしに楽しめる、本格ミステリーである。囲碁の世界を題材にしているところがユニークだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/15 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る