サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

思い出の青い丘 サトクリフ自伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.5
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-000234-1
  • 国内送料無料

紙の本

思い出の青い丘 サトクリフ自伝

著者 ローズマリ・サトクリフ (作),猪熊 葉子 (訳)

思い出の青い丘 サトクリフ自伝

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自分の居場所はやっぱり家族のいる家だということ

2005/10/23 18:11

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼いときにかかった病気が元で
歩行が不自由になったサトクリフは
海軍将校の父、想像力豊かな
厳しい母に育てられ
細密画家として出発、失恋を乗り越えて
作家になるまでのことが書かれている。
ローマンブリテンのアクイラや
自らの生き映しであるような
「太陽の戦士」「はるかスコットランドの丘を越えて」
「イルカの家」の主人公たちが
この自伝の中に現われている様だった。
サトクリフの作品のテーマは
生きがいを見失った少年がいかにして
自分の居場所を見つけ、生きる道を見つけるかということだが
自伝の中からは、必死に生きようとする彼女自身の向こうに
その母の献身的でまっすぐな姿がはっきりと見える。
父の仕事の関係で、何度も転居し、入院生活が長くて
同じ世代の友人がいなかったというのが
自分の居場所という観念を生んだのだと思う。
父の故郷であるデヴォン州のビディフォードに
移り住んだときの家のこと、あたりの景色のこと
その表現が心に焼きつくほど美しくてやさしい。
サトクリフは、この家に居場所を見つけ
作家になることを決意したのだ。
父の故郷の風景と厳しすぎる母、
想像力豊かな母の聞かせてくれた
ケルトや北欧の物語がサトクリフの物語の原点なのだ
ということが理解できた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/22 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む