サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

1ねん1くみ1ばんげんき
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1985.6
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:24cm/77p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-591-01993-4
  • 国内送料無料

紙の本

1ねん1くみ1ばんげんき (こどもおはなしランド)

著者 後藤 竜二 (作),長谷川 知子 (絵)

1ねん1くみ1ばんげんき (こどもおはなしランド)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

1ねん1くみシリーズ 12巻セット

  • 税込価格:12,960120pt
  • 発送可能日:購入できません

1ねん1くみシリーズ 12巻セット

  • 税込価格:12,960120pt
  • 発送可能日:購入できません

1ねん1くみシリーズ 12巻セット

  • 税込価格:12,960120pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ひとり息子がこの春小学校に上がるもので…愛読させていただいております。20年近く続いている元気なシリーズの古びることのない輝き。

2002/01/24 10:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 町の書店に出かけると、今はきゅうっと童話の本の棚が圧縮されている。学校販売を除くと、店売における童話の動きは極めて厳しい状況らしい。その理由はいろいろ想像して頂くとして、絵本とファンタジーの読み物などが、平均して5パーセント程度にしかならない各書店における児童書売上比率の大部分を支える。ハリポタの登場と『指輪物語』のフィーチャーで、児童書比率の事情はだいぶ変わったと思うが…。

 でも、この<1ねん1くみ>シリーズが刊行され始めた1984年当時は、童話の本が出せば売れるという状況だった。特にサイコロみたいな大きな文字が並ぶ小学低学年向き童話が活況を呈していて、「こんなんまで本になっちゃうの」というものまで本にされ、そこそこ片付いていった。でも、そういうもののほとんどが絶版になった。なかには絶版にするのがもったいないようなものまで、復刊が決して期待できない絶版になったことと思う。
 そこで生き残ったのが結局、以前からロングセラーを続ける『くまの子ウーフ』シリーズや、あまんきみこ、いぬいとみこ、なかがわりえこといった作家たちの童話。それから、当時出されたものでわずかに挙げられるのが、このシリーズであると言える(翻訳物は除く)。

 『1ねん1くみ1ばんワル』でさっそうと登場した、やんちゃ坊主の<くろさわくん>は、大人たちには高度成長期に失われた子どもの古き良きイメージを彷彿させた。青っぱなたらして、ひざ小僧がいつもかさぶただらけ。着ているものが汚れても無頓着。勉強は苦手だけれど、体育が得意で放課後の王様…というやつだ。
 火の玉のように日々を燃焼させるくろさわくんの姿、ときどき家庭事情からくる陰翳がちらりのぞくその姿は、可能性がまだまだ全方向に開けていると思える5〜6歳ぐらいの子どもにとって、変わっていて少し困ったやつ、けれど面白くて憎めない——愛すべき鬼っ子なのである。子どもの本性丸だしのワイルドな魅力に引き摺られて逆らえないものがあるのだと思う。

 息子が通う保育園で、入学を意識した先生が、このシリーズの本を数冊ずつ図書館から借りてきてくれているらしい。そこでも、くろさわくんの魅力は絶大のようで、保育園であった出来事とくろさわくんのエピソードが話のなかでオーバーラップしたりする。だもんだから、私がシリーズのなかのお気に入りのこの1冊を見せたときの喜びようったらなかった。

 クラスのみんなが知っている英語を競って口にしたとき、「犬はドッグ、バナナはバナーナ、ねこは二ャンコ、うしはギューっていうんだぜ」「キツネはコンコン、おならはプー」と勢いよく始まるくろさわくんのこの本は、6つのお話を収録している。
 残業ばかりのお父さんとふたり暮らしのくろさわくんは、七夕の夜、お父さんが笹を持って早く帰るのを楽しみに待っている。遊びに来てくれた仲良しの友だち(この男の子の「ぼく」という一人称で全編語られる)が帰るのがさびしくて靴を隠す。夜、靴を入れた箱に、「ごめんな」と書いた短冊を添えて友だちの家の玄関近くに置いておく。この短冊を「ぼく」のお母さんは笹飾りにしてしまう。短冊が翻る絵で読み聞かせが終わるとき、私はぐっとくるものをこらえて、子どもとともに「えへへ、面白かったね」と笑うのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/10 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/01 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む