サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リングワールド(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/536p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010616-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リングワールド (ハヤカワ文庫 SF)

著者 ラリイ・ニーヴン (著),小隅 黎 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第10回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

リングワールド (ハヤカワ文庫 SF)

1,015(税込)

ポイント :9pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

想像力をたくましくせよ!!

2002/12/26 03:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ未だに映画化が実現していないのか。技術力か(この期に及んで!?)はたまた版権の問題か、一般人のねこネコに知るよしはないけれど、物語の中心を担うパペッティア人の姿形がその一つにあるのは間違いないことだろう。
“いったいどう映像化すればよいというのか!!”

さて、ここまで読んで“こいつはいったい何を言いたいのだ”と思ったあなたは、もう、『リングワールド』の魅力にはまりつつあるのです。

よくあることですが、たとえ種明かしをしないにしても物語のあらすじや重要なポイントを話すことによって、今から読むであろう人々の、まだ知らぬストーリーへの期待感や、ページをめくるドキドキ感を台無しにしたくはないので、あえて本の内容については語りません(他の方の書評をどうぞ)。

読者は本書の主人公とともに、と言うか、主人公の目を通じるようにして、この世界を頭の中、あるいは奥(ねこネコの場合は額の斜め上方50センチ辺りか…。本書を初めて読んで15,6年、リングワールドと言えば、いまだに自分の作ったイメージがその辺りに浮かんでくるのですね)に構築していかなければいけません。
この想像力の限界への挑戦で、ねこネコに自分への限界を感じさせたのは、パペティア人もさることながら、リング世界(リングワールド)での距離感でしょうか。想像を絶するほどの距離感…。絶しすぎて気が遠くなる…。戻ってこれなくなる〜。

想像力をたくましくせよ!!

『リングワールド』を読むにあたって、あなたに必要なのはそれだけ!
あとは、読書のためなら徹夜しても良いと言う覚悟と、眠気に勝つ体力!

2002年最後の一冊になるか、2003年最初の一冊になるか、それはあなたの自由です(^_^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巨大な世界

2002/01/13 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品は、当初〈ノウンスペース〉シリーズの掉尾を飾る作品として書かれたものであった。SF界における「おしまい」の例にもれず、結局続編が書かれ、『リングワールドふたたび』、『リングワールドの玉座』の二冊がその後発表されている。

 とんでもないガジェットがぽんぽん飛び出す〈ノウンスペース〉シリーズの中でも、「リングワールド」は極めつけだ。幅160万キロ、半径1億5200万キロの環状構造物であるリングワールドは、人工の居住用の世界である。この人工世界は、恒星がリングの中心に位置するように設置され、自然の風物が再現された内側の居住領域の床面に1Gの求心加速度がつくようにスピンがかけられている。縁には高さ1600キロの壁がそそり立ち、大気を保持する。表面積は地球の表面積の130万倍。つまりこれは、地球130万個分の土地なのである。

 さて、ノウンスペースから200光年ほどのところに発見されたこの巨大な世界に、探検隊が赴くことになる。だが探検隊の宇宙船はアクシデントからリングワールドに墜落。宇宙船は推進装置をすべて喪失、かくして文明が崩壊したリングワールド世界を舞台に、脱出を計るための波瀾万丈の冒険が始まる。

 常識が通用しないリングワールド世界の巨大さ、リング表面からの異様な景観。文明崩壊の謎。Sense of Wonder炸裂である。

 SF者のみなさんは、リングワールド体験をお見逃しなく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/30 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/16 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/28 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/04 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/05 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/11 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/24 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/29 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/30 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/27 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/13 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/12 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む