サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おじいちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1985.8
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:23×28cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-593-50195-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

おじいちゃん

著者 ジョン・バーニンガム (さく),たにかわ しゅんたろう (やく)

【エミール/クルト・マッシュラー賞(1984年)】よくきたね元気かい? おじいちゃんのところに遊びにきたおんなのこ。ふたりのやりとりをやわらかい筆致で描きます。【「TRC...

もっと見る

おじいちゃん

1,458(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「おじいちゃん」が含まれるセット商品

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

  • 税込価格:42,714395pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

  • 税込価格:41,688386pt
  • 発送可能日:7~21日

商品説明

【エミール/クルト・マッシュラー賞(1984年)】よくきたね元気かい? おじいちゃんのところに遊びにきたおんなのこ。ふたりのやりとりをやわらかい筆致で描きます。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

清々しい爽やかさと、ほんのりとしたあたたかさと。心がほっこり、ふくらむ絵本です

2009/02/08 17:51

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「よくきたね げんきかい?」と、緑の椅子に座ったおじいちゃんが、手を広げて孫娘の女の子を迎える一枚からはじまる絵本。
 
 爽やかな色合いの絵。ユーモラスで、あたたかみのあるタッチ。清々しい風が通り過ぎてゆくような絵の一枚、一枚をめくっていくうちに、おじいちゃんのしぐさ、表情、言葉が、孫娘の記憶の中から生き生きとよみがえってくるのですね。おじいちゃんと女の子、ふたりを結ぶ心のきずながあたたかく描き出されている絵と文章に、心がほっかりとなごみました。

 おじいちゃんが腰かけていた緑色の安楽椅子。ゆったりとして、おじいちゃんの体によく馴染んだ緑の椅子が、この絵本の中で、とてもよく効いています。主(あるじ)を失った緑の椅子が描かれたラスト。大好きなおじいちゃんの膝に乗ることのできない、そして言葉を交わすことができない女の子のさびしい気持ちがこちらの心にも届いて、しんみりとしちゃいました。

 英国の絵本作家ジョン・バーニンガムの1984年の作品。原題は、『GRAMPA』。

 『Pooka 酒井駒子 小さな世界』の中、絵本作家の酒井駒子さんが「大切な本たち」の一冊として挙げていたのに興味を持って、それで手にとってみました。この絵本に寄せた酒井駒子さんのコメントを紹介しておきますね。
 <ボローニャに行ったとき、偶然『おじいちゃん』の原画展をやっていて、それがとてもすばらしかったんです。こんなにいい絵があったのかと、はっとしました。それまでは知っていたけど、深く絵本を見たことはなくて。改めて読んでみたら、すごく良かった>(『Pooka 酒井駒子 小さな世界』より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そこにいた人

2010/09/20 09:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は祖父を知らない。うんと若くで、なくなった。私は祖母も知らない。私は生まれてまもなく、なくなった。母方の祖母も知らない。わずかに母方の祖父だけが私が二十歳を過ぎる頃まで生きていた。ただあまり親しくはなかった。
 英国の絵本作家ジョン・バーニンガムが描いた『おじいちゃん』という絵本は、「よくきたね げんきかい?」という、ちいさな女の子をむかえる「おじいちゃん」の言葉で始まる。ちいさな女の子は彼の孫なのだろう。
 「おじいちゃん」とちいさな女の子。世界がまるでちがう。
 彼はちいさな女の子のぬいぐるみのくまが女の子だって知らないし(もっとも誰も知らないだろうが)、ちいさな女の子とまじめにけんかをしたりする。
 世界がまるでちがう。彼にはたくさんの時間が過ぎて、ちいさな女の子にはまだまだたくさんの時間がある。

 ちいさな女の子は「おじいちゃんも あかちゃんだったこと あるの?」とたずねる。彼女にとって、彼は生まれたときからずっと「おじいちゃん」だったから。
 生まれたときから彼女のそばにいて、知らないことをたくさん知っていて、いつも大きなソファにすわって、自分をむかえてくれる。それが「おじいちゃん」だった。
 でも、ちいさな女の子も「おじいちゃん」がいつかいなくなる日がくることを知る。人間は死んでしまうのだと知る。
 主をうしなった大きなソファをみつめる小さな女の子は人間という無常を知るのではない。人間はいつかいなくなってしまうことを知るだけだ。

 私は祖父も祖母もほとんど知らずに育った。そのことを思うと、すこしさみしい。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっとりとじーんとこころに残る逸品です

2002/08/13 12:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おじいちゃんと孫娘の交流がさまざまな場面と会話で描かれています。
これは記憶の断片なのかもしれません。しっとりと、じーんと、こころに残るなにかがあります。
 
 おじいちゃんは孫娘に根気強くつきあっていますが、ときには「おじいちゃんにむかって そういうくちの ききかたは ないだろ」と口をとんがらせたりします。
 孫娘はおじいちゃんが子どもだった頃の話を聞いて「おじいちゃんも あかちゃんだったこと あるの?」
とても好きな場面とことばです。

 おじいちゃんの大きな手と足元の描写が素晴らしく、おじいちゃんの生きてきた歳月を感じさせます。

 おじいちゃんがいつも腰掛けていた緑色のいす。いっしょに腰掛けたこともあるいす。おじいちゃんがいなくなったそのいすをみつめる、大きくなった孫娘。
ことばはありません。

 15年前の夏に亡くなった曽祖父のことを思い出しました。お盆の頃いつも行っていた母の実家。「おぉ来たか」と迎えてくれた笑顔。その口調とたたずまいが今も目に焼きついています。

 何度もめくり、ながめています。逸品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう会えないなつかしい人がいますか?

2002/06/07 16:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまざきむひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

感性をとぎすまして、おじいちゃんと孫娘の、妙に会話が食い違う場面を1つ1つ味わってみてください。
生活のどの場面にもいつも当たり前にいてくれたおじいちゃんを感じてください。
ラストシーンのからっぽの椅子は、この子の胸にぽっかりあいた穴のよう。そこを吹き抜ける風が絵本の冒頭から始まる場面をもう一度たどらせるはずです。
子どもは子どもなりの、そして大人は大人なりの感じ方で読める本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これはずるい

2016/02/14 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

無垢で可愛らしい孫娘。優しく彼女を愛するおじいちゃん。
他愛無いけど、かけがえのない一日一日。
でも、おじいちゃんは確実に老いていき、別れの日は一日
一日、近づいていく。
良い絵本です。でも、目がどうにかなるほど涙が出ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんかよくわからない

2017/05/19 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

全部読みましたが、なんかよくわからなかった。
おじいちゃんと孫娘のやりとりがいろいろと描かれているのだけれど。
こどももピンとこなかったみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/19 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/26 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/04 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/20 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/01 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/18 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む