サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あわてた人魚(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

あわてた人魚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 E・S・ガードナー (著),高橋 豊 (訳)

あわてた人魚 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

454(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

検事はお気の毒

2002/07/27 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

ペリー・メイスン・シリーズの1950年の第35作。
個人の所有する小島に、若い女が泳いで侵入するが、犬に追われてあわてて逃げる。たまたま島を見張っていたメイスンは、なりゆきで女を助けるが…。

埋もれていた証拠を掘り出し、当局が結論付けていたのとは全く違う事件の真相を暴き出すのは、メイスンの十八番。本書では、証拠を見落とした警察を検事が責め、両者の仲が険悪になる。法廷でメイスンに負かされ、表舞台で恥をかかされるのは検事だが、悪いのはどちらかと言えば、ずさんな捜査をした警察なのだから、検事は気の毒だと思う。がっくりとうなだれる検事の姿が印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最初の衝撃

2001/04/21 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 E・S・ガードナーは書き出しの上手な作家です。80作を超えるペリイ・メイスンのシリーズが飽きられずに受け入れられてきたのは、他にもいろいろあるでしょうが、この「書き出しの巧さ・最初の衝撃」も理由の一つに挙げられるのではないでしょうか。依頼者が持ち込んでくる、または望む望まないにかかわらずに巻き込まれる事件の発端の摩訶不思議さが、最後まで一気に読ませてしまいます。

 この事件の発端は、メイスンがカヌーに乗って島の中にある家を見張っていると、その島に向かって裸で泳いでいく娘を見つけます。島に上陸した娘は、背負っていたバックパックに入れておいたドレスを着てメイスンの見張っていた家に入っていくが、やがて犬に追いかけられて逃げ出してくる。成り行きでこの娘を助けたメイスンは、盗難事件と殺人事件に巻き込まれて行く、というもの。どうです、私の拙いあらすじ説明でも、読んでみたくなりませんか?

 もちろん書き出しだけでなく、中盤での捜査活動や窮地に立たされた法廷でのメイスンの大逆転など、締めるところはキッチリ締めてあり、安心して読める一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/19 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む