サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

利腕(ハヤカワ・ミステリ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ディック・フランシス (著),菊池 光 (訳)

利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

778(税込)

利腕

702 (税込)

利腕

ポイント :6pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズ白眉の傑作

2002/02/08 19:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろぐう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 こんなにラストがスッキリとした話は久しぶりだ。ストーリーそのものが、それほど飛び抜けて素晴らしいというわけではないが、『大穴』の続編として、随所でソフィスティケート&パワーアップされている。たとえば悪役。そのどぎつさは相変わらずだが、リアリティがあって漫画的な印象は少ない(えげつない行為はプロに任せることにしたことが奏効)。
 それに、サブストーリーの詐欺事件での元妻との葛藤をからませる手際や、気球レースへの飛び入りで追跡を逃れる場面での、絵画的なイマジネーションを喚起させて忘れられない印象を植え付けるテクニックなど、心憎いばかりの技量だ。
 特に主人公のシッド・ハーレーのくっきりとした人物造型が素晴らしい。現実的には彼ほどの自尊心や克己心を持つことは裏腹で、一歩間違えれば不寛容で思い上がった人間になる危険もあるのだが、(冒険)物語のヒーローとしては、これくらい輪郭の太い人物を描いてほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう少しリラックスしてよ、ハレーさん!

2001/11/10 19:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

 競馬シリーズの1979年の第18作で、シッド・ハレーが登場する第2作。
 「大穴」の書評でも書いたが、私はシッド・ハレーはあまり好きではない。本書を読んで嫌いになったと言ってよい。ハレーは自分の内なる弱さを表に出すまいと、常に自分を厳しく律している。フランシスの主人公には大なり小なりその傾向があり、それが悪いという気はない。ただハレーの場合、この性格が際立ちすぎていて、自虐的とすら言える。とにかく、精神的なゆとりが全くないので、読んでいて疲れるのだ。「大穴」では、彼が第2の人生に踏み出す過程に重点が置かれていたためか、それほど気にならなかった。しかし本書では、彼のこの “マゾ的な突っ張り” が、これでもか、これでもかと前面に打ち出されており、正直言ってかなり鼻についた。
 実を言うと、この第2作ではハレーが何らかの形で、たとえば心から打ち解けられる人間と出会うなどして、一皮むける事を内心期待していたのだが、アテがはずれたのでなおさら嫌いになったものである。「大穴」では立ち直る途上だったから仕方ないが、立ち直ったのだからもう少しリラックスしてよ、あなたは自分が思い詰めているような弱虫じゃないよ、と言いたくなった。
 だが、読者に人気があり、作者も好いているようだから、ハレーの自虐的克己主義の性格が変わる見込みはなさそうだ。だからもう第3作は読む気はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/26 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/17 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/19 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/26 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/09 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/19 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/04 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/05 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む