サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

裸の冬(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.10
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-587943-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

裸の冬 (徳間文庫)

著者 西村 寿行 (著)

裸の冬 (徳間文庫)

566(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

裸の冬

594 (税込)

裸の冬

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 456.3KB 無制限
Android XMDF 456.3KB 無制限
Win XMDF 455.9KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シルクロード幻想と夫婦愛の物語

2007/03/17 22:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

織物の起源は、BC6000年のカスピ海沿岸地方に遡るのだという。美しい絨毯を作る技法を伝える一族があり、その絨毯を持つ者はは強大な王にもなれる魔力があると伝えられる。一族は追われてシルクロードを東へ逃げ、ついには古代の日本にまで辿り着き、秘かに技法を伝承していた。その末裔である一人の女が謎の組織に誘拐され、中東へと運ばれる。夫と、古代染色研究家がそれを追う。
追跡はサウジアラビアから、スペイン、フランス、ノルウェーと疾駆し、血みどろの闘争を各地で繰り広げる。それらを誘発するのは、古代からの血と欲望の脈流であり、そこに現代=1980年政治の諜報戦の影が差しかかる。
伝奇小説の枠組みではあるが、どこか乾いていて疾走感がある。妻を追う元刑事とコンビを組む老考古学者が破天荒なキャラクターで、異端の説と放言で学会追放されており、とことん飲ん兵衛で、我がままで、減らず口の塊のような爺さんだが、憎めない愛嬌があり、なぜかフェンシングの名手。さらにサウジの非合法酒場で出会った民間CIAのような凄腕のアメリカ人探偵、老学者の旧友というフランスの学者と、この4人の珍道中じみた描写が、設定の暗さを払拭してしまう。彼らには、平凡な市民感覚を破壊するような展開を身上とする寿行作品の中に身を置いて、その日常性からの乖離と、それにしっかり対応してしまう自分たちという存在を冷笑的に見ている韜晦がある。
「君よ憤怒の河を渉れ」から既に多くのハードロマン系作品を世に出した寿行様にとっては、こういった作品世界の「壊れ方」もまた必然に歩む道なのだろう。しかしそうして人物が壊れようが、飲んだくれていようが、芯の展開は幻の錦繍織に繋がる怨執、背景組織を暴き立て、ついにはKGBとの死闘も越えて祖先発祥の地で驚愕の結末に辿り着く。それでいて、染め上げられた日本の美しい四季を謳い、歴史の闇も苦難も乗り越えていく夫婦愛の物語なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する