サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おとうさんとぼく 1(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1985.10
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/167p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-00-112108-7
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
絵本

紙の本

おとうさんとぼく 1 (岩波少年文庫)

著者 E.O.プラウエン (作)

おとうさんとぼく 1 (岩波少年文庫)

540(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人間味あふれるおとうさんとぼくの物語

2005/07/17 06:56

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょびひげ、太っちょのおとうさん。つるつる頭だけれどまだ38歳。そんなおとうさんとぼくとの毎日を数コマで綴った漫画。戦前のドイツで絶大な人気を誇った作品です。先日手にした「ドイチュラント ドイツあれこれおしながき」(山田庸子著/ピエ・ブックス刊)の中で紹介されていたため、読んでみることにしました。

 おとうさんはあふれるほどの愛情でぼくを愛してくれますけど、たまには子ども相手には大人げないほどムキになってしまいます。チェスのマッチでは負けた腹いせに、ぼくのお尻をお仕置きでペンペン。

 連載初期の頃の「サザエさん」や「フクちゃん」を思わせる素朴な画風。セリフが全くないので、国境を越えて人々をクスリとさせる力を持っています。

 巻末に作者e.o.プラウエンの履歴と連載された頃の時代背景が記されています。
_ 児童文学者ケストナーとも親交のあったe.o.プラウエン。ナチス政権はこの「おとうさんとぼく」の人気に目をつけ、作者の意に反して登場人物二人を国家キャンペーンに利用していきます。ナチに抵抗した彼は最後に獄内で自死する道を選びます。
 痛ましい最期を遂げたプラウエンは妻にあててこんな遺書を残します。「息子を人間に育ててくれ」。
 怒り、笑い、泣く。そんな当たり前の感情を、人を傷つけることなく思い切り表現できる人間になることを息子クリスチャンにプラウエンは望んだのです。そんな彼らしい、魅力あふれる漫画作品集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/01 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/01 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/02 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波少年文庫 ランキング

岩波少年文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む