サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

執念の家譜(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-183622-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

執念の家譜 (講談社文庫)

著者 永井 路子 (著)

執念の家譜 (講談社文庫)

389(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

執念の家譜
裾野
信貴山落日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

三浦氏一族の世代を越えた執念を描いた「執念の家譜」、その他珠玉の歴史短編集

2006/01/29 21:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 随分古い文庫本で、昭和60年に刊行されたものである。今はもう古本しか存在しない。しかし、私にとっては貴重である。
 本書には永井路子さんの歴史短編小説7話が収められている。タイトルにもなっている「執念の家譜」は鎌倉時代、頼朝の有力御家人だった三浦氏が主人公である。三浦氏といえば三浦半島に名を残し、鎌倉に最も近く地政学上有利な立場にあった。
 北条氏が鎌倉幕府を源氏から乗っ取り、他の有力御家人が次々に滅ぼされていく中で最後まで生き残った一族のうちの一つが三浦氏である。数年前のNHKの大河ドラマ『北条時宗』の冒頭で北条対三浦の所謂宝治合戦の模様が描かれていた。
 この「執念の家譜」の主人公は三浦光村で、宝治合戦の三浦氏の惣領三浦泰村の弟である。そもそも幕府ができあがった頃は、三浦氏の勢力が圧倒的に強く、北条氏は伊豆の片田舎を領地とする武士であった。その後源氏の将軍を抱える北条氏の勢力伸張の策略が見事に当たった。のんびりとしていた三浦氏を大きく凌駕した。源氏を上手く利用して有力御家人を次々と倒していく。侍所別当である和田義盛も三浦一族であるが、和田が乱をおこした際も三浦氏は知らん顔で北条に味方した。
 結果論ではあるが、幕府勃興の折に倒しておかなければならなかったのだ。時間が経ってからでは北条氏の策略には三浦氏は到底及ばなかったということであろう。
 「執念の家譜」をメイン・イベントとするならば、セミ・ファイナルは「裾野」であろう。曽我十郎、五郎の仇討ちの話は有名で、能を始めとする様々な芸能に取り上げられて良く知られている。永井氏はこの頼朝の巻き狩りを利用した仇討ちには裏があるとかねてからその推理の一端を語っている。
 この「裾野」はその解決編ともいうべきものではないか。巻き狩りが行われた場所には土地の古豪がいたが、自分たちを軽んじる頼朝の取り巻きに不満を持っていた。この機に乗じて幕府の要人、言い換えれば有力御家人たちの暗殺を断行したが失敗し、表面的に残ったのは曽我兄弟の工藤祐経暗殺だけであったというものだ。これらは何ら証拠となる史料は少なく、永井氏の推理ではあるが、なかなか興味深く、小説的に面白い推理である。
 これ以外は「裏切りしは誰ぞ」が面白かった。小早川秀秋といえば、関ヶ原の合戦での寝返りが有名だが、この人物は元はといえば、豊臣家の家督を譲られる立場であった。しかし、それを秀次、秀頼に譲る羽目になった。戦国の世にもてあそばれる運命を綴っている。
 その他4編はいずれも戦国時代の逸話を題材に永井氏独特のアイデアを利かした逸品そろいである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む