サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラヴクラフト全集 4(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985.11
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-52304-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラヴクラフト全集 4 (創元推理文庫)

著者 H・P・ラヴクラフト (著),大瀧 啓裕 (訳)

ラヴクラフト全集 4 (創元推理文庫)

691(税込)

ラヴクラフト全集4

586 (税込)

ラヴクラフト全集4

ポイント :5pt / 紙の本より105おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

宇宙からの色
眠りの壁の彼方
故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さまざまな怪奇

2015/08/28 05:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オムレツ洞窟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラヴクラフトは二冊目です。
この第四巻も、どのお話もおどろおどろしい雰囲気がありました。
「冷気」はわりと、この巻の中では分かりやすく面白かったです。
他にじわじわとした怖さが迫ってくる「宇宙からの色」が印象に残っています。

しかし「狂気の山脈にて」は長いです。決してつまらないわけではありませんが
集中力がない私は途中からウンザリしてきました。
でも、いつ南極に行ってもいいようにがんばって読みました。
同じような人がいたら、文中に何回「名状しがたい」が出てくるかを期待しながら読むと楽しくなってくるかもしれません。

南極はなかなか怖いところなんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今でもまったく陳腐さはない

2017/11/22 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
以前読んだ京極夏彦氏の「虚実妖怪百物語」でラヴクラフト氏のクトゥルフ神話が大きく取り上げられていて興味を持ちました。

私自身は俗に言う「怖がり」ですので映画や読み物でも怪奇とかホラーは苦手なのですがラヴクラフト氏とクトゥルフ神話に関しては好奇心が恐怖心に優ったということでしょうか。

この巻では

「宇宙からの色」
The Colour out of Space

「眠りの壁の彼方」
Beyond the Wall of Sleep

「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」
Facts Concerning the Late Arthur Jermyn and His Family

「冷気」
Cool Air

「彼方より」
From Beyond

「ピックマンのモデル」
Pickman's Model

「狂気の山脈にて」
At the Mountains of Madness

の7編の小説と

「怪奇小説の執筆」
Notes on Writing Weird Fiction

というエッセイから構成されています。

どの作品もとても魅力的で滅茶苦茶面白かったです。
特に「狂気の山脈にて」傑作ではないでしょうか。
短編・中編にも関わらずどの作品もびっしりと言葉が詰め込まれているような感じで、読み進めるごとになんとも言えない緊張感・不安感と同時に期待感が募り没頭してしまいました。

ほぼ100年前の作品ですが、陳腐さは微塵も感じられず魅了されます。
ジャンルとしては怪奇小説に分類されているようですが、私はある種のSFのようにも思いました。

こうなるとこの全集は別巻も含めると9巻にもなるのですが、必ずや全巻を揃えて読み通したくて仕方なくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

南極の恐怖

2002/07/25 05:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

クトゥルー神話の主にして20世紀最後の怪奇小説作家、H.P.ラヴク
ラフトの全集第4巻。この巻は、科学に比重の置かれた作品を中心
に構成したとのこと。以下の作品が収められている:

「宇宙からの色」
「眠りの壁の彼方」
「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」
「冷気」
「彼方より」
「ピックマンのモデル」
「狂気の山脈にて」
「資料: 怪奇小説の執筆について」

「宇宙からの色」——とある農場の庭に落下した隕石が引き起こす
怪異を描いた作品。完全なSFといっても良いほどツボにはまった作
品だ。
「狂気の山脈にて」——この巻の2/3を占める、短めの長篇といっ
て良い大作。南極大陸を訪れたミスカトニック大学調査隊は、その
奥地に巨大な山脈を発見する。さらにその麓の洞窟から、異様な形
態の生物の化石を発掘。そして恐怖が調査隊を襲う……
クトゥルー神話の重要な要素である超種族〈古のもの〉が登場する
重要な作品。「時間からの影」とならんで、地球の真の歴史を物語
る、神話大系の総括的な内容の物語である。緻密に構成されたストー
リー展開から、終盤にかけてのテンションの盛り上がりまで、読者
を物語に引きずり込まずにはおかない、まぎれもない傑作である。
わたしが最も好きなラヴクラフト作品である。ちなみに、これも完
全にSFと云って良い作品だ。

ラヴクラフトが自分の創作の手法を語った「怪奇小説の執筆につい
て」は、ラヴクラフトの創作への姿勢や怪奇小説に関する考えが窺
えて興味深い。豊富なデータを収めた巻末の作品解題も読み応えが
ある。特に「狂気の山脈にて」の執筆メモなど、たいへん興味深い
資料である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/12 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/30 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/10 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/02 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/16 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/30 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/28 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/12 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/04 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/25 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る