サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

禅とは何か(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1984
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:16cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-300401-X
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

禅とは何か (角川文庫 名著コレクション)

著者 鈴木 大拙 (著)

禅とは何か (角川文庫 名著コレクション)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

禅とは何か、仏教とは、宗教とは何か

2004/06/09 05:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明けの明星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

漱石の『門』を読んだことがありますか? まだの人は読んでみてください。漱石は聖書を読んだか分かりませんが、仏教のほうはいろいろ勉強したみたいです。とくに禅については、漱石の小説を読んでいると、ちょくちょく出てきます。
『門』では、主人公が禅寺へ行って参禅するんですが、いくらやっても何も変わらず、けっきょくそのまま戻ってきます。「悟りを開く」とか「彼岸に至る」というのは、どうも、よほど思いきったことであり、たいへんな覚悟がないとダメなようです。ぼくのような凡人は、「向こう岸にいったら、二度と戻ってこれないんではないか」と思って、思いきって彼岸までエイッと行くということができないわけです。「永遠回帰」というやつですね。そういう意味で、『門』の主人公には、ものすごく共感したのです。
有名な公案に、「仏とはどういうものか」と訊かれて、「乾いた糞のカタマリだ」と答えるのがあります。禅というのは、こういうことを言うのだから、非常に変わった宗教なのだなあ、と思いました。
僕は仏教のこともろくに知らないのですが、この『禅とは何か』を読んで、大きな感銘を受けました。目次を書き抜きます。
第一回 宗教経験としての禅
 第一講 宗教経験とは何か
 第二講 何を仏教生活というか
 第三講 仏教の基本的諸概念
 第四講 証三菩提を目的とする禅
 第五講 心理学から見た禅
第二回 仏教における禅の位置
 第一講 宗教経験の諸要素
 第二講 宗教経験の諸形
 第三講 宗教としての仏教
 第四講 リョウガ経大意
 第五講 神秘主義としての禅
目次を見れば分かるように、禅だけに話を限定せずに、仏教や宗教という広い視野で、わかりやすく述べてあります。
「縁起」というのは円環ということと思います。この本のどこかに釈迦が説法をして、後に弟子になった人物に花を手折って見せた、という逸話がありましたが、花も円環をしています。こういう部分で、ぼくは非常に感銘を受けたのです。
とにかくお勧めです。たいへんに深いことがたくさん書かれています。講義を速記したものだということで、そのために、口語的で、分かりやすい部分もあり、またかえって、整然とまとまってないという意味で、分かりにくい部分もあると思います。いずれにしても深い知恵が織り込まれた本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/26 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/02 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/27 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む