サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. モルグ街の殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モルグ街の殺人事件(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1982
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/236p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)

著者 エドガー・ポー (著),佐々木 直次郎 (訳)

モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界初の推理小説

2001/02/17 11:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ポー(アメリカ、1809−1849)が1841年に発表した世界で初の推理小説。密室殺人で奇想天外意外な犯人。名探偵オーギュスト・デュパンの明晰かつ正確で鮮やかな推理。さすが世界初の推理小説だけあって、100年以上前につくられても充分楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原点、その一言では語れないもの

2001/05/29 05:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春都 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なぜ今ごろ「モルグ街」を、と思う人もいるだろう。ミステリファンならば、読書体験のどこかでこの作品について語られるのを聞いており、ほとんどはトリックも含めたおおすじの内容までも知っているに違いない。「盗まれた手紙」もそうだろう。

 あるいは、いわゆる古典を推奨する人たちのなかには「やはりこれを抑えておかないと」という観点から、つまり、後々までつづいてゆくミステリの「原点である」との理由のみで、この作品を勧める人もいるかもしれない。

 どちらにせよ、そこには「ミステリの歴史」という作品外の評価基準、または価値が付され、『モルグ街の殺人』なる名前のみが前面に押し出されている。ミステリ史における作品の位置、すべての祖であるという揺らぐことのない肩書きが、いつだってついてまわるのだ。

 僕が読んだきっかけは、なかの一編を学校での講義に使うから、にすぎない。期待感などほとんどなく、前述の2つの理由ぐらいしか、読もうという気分にさせるものはなかった。しかし読後の、いや読中の印象はそれとはまったく異なるものだったのである。

 結論から言えば、僕は「小説とは読むものである」ことを再認識させられたのだった。『モルグ街』を形づくっている一文一文、そしてそれらの連なり。外側からでは見ることのできないそういった「構成要素」にこそ作品の魅力があるのであり、それに比べれば「開祖」や「原点」などという言葉は、まるきり余計な飾りにすぎない。なんら『モルグ街の殺人』を表したものではなかったのだ。

 読むことによって、自ら手に取り触れることによって、初めて「知る」ことになる。あらすじやトリック、そして名前などをいくら聞いたところで、それは「その小説」ではないのだ。知った気になるのと、実際に知るのではおおいに違いがある。

 では「知る」にはなにをすればいいかといえば、「作品を読む」以外にはあり得ない。そして作品には「ミステリ史」や「原点」などまったく付きまとってはいず、ただ作品のみがあるだけなのである。

 おそらく僕と同じように、さまざまな付加価値の覆い越しに『モルグ街』を見ている人がいるだろうと思う。内容やトリックを知っているだけで、読んだ気持ちになっている人もいるかもしれない。
 しかしそれは決して『モルグ街』そのものではないことに気づくべきだろう。百聞は一見にしかず、というわけだ。

 ぜひ、一文一節を味わってほしい。語るのはそれから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する