サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 富岳百景・走れメロス 他八篇 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

富岳百景・走れメロス 他八篇 改版(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-310901-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

富岳百景・走れメロス 他八篇 改版 (岩波文庫)

著者 太宰 治 (作)

富岳百景・走れメロス 他八篇 改版 (岩波文庫)

691(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

富嶽百景

2002/03/14 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 富嶽百景は間違いなく傑作だと思う。作品を読んでいると、富士の感触が此方の方までありありと伝わってくる。長くはないが、よく整っていて、描写も綺麗。たしか井伏鱒二氏も出てくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テンションの人、天性の作家

2004/02/29 01:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「富岳百景」は名作である。
 ただし、『人間失格』をはじめとする、太宰治の実人生の情報を加味して読まれてきた、そんな読み方とは無縁なところに、この小説の面白さがあり、「私」をめぐる心境の「ひだ」を読むことこそ、この小説にふさわしい読書であると思う。
 「富岳百景」は、たとえば「走れメロス」のようなわかりやすストーリーをもたず、むしろ随筆的な装いを持つが、それでいて、いくつかの規則を持ち合わせ、微細ながらもプロットの力学に沿って小説は展開し、そして、ある種の「イニシエーション」として、「私」は変貌を遂げて御坂峠をおりることになる。
 その才、注目すべきは、行間というか、プロット展開の「すきま」であろう。ささいなことに「私」は過剰に反応し、一挙につながらないものが繋がっていく。このテンションは、太宰治特有のものである。くじけかたも、そこからの回復の仕方も、とにかく大げさなのだ。しかも、ていねいに読めば、その展開を保証する細部が書き込まれてもいる。その「ひだ」を追っていくとき、「富岳百景」は、「人の情」に癒され、それでいて他者への依存を断ち切り、富士への親しみを「過渡期」の思い出として捨て去ることで、新たな世界に立ち向かう「私」の姿を鮮やかに浮かび上がらせるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正直に言う。私には良さが分からない。

2006/09/06 21:00

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 太宰治は好きだ。『斜陽』や『人間失格』のような作品も、『走れメロス』や『駈込み訴え』も素晴らしい。虚飾を廃したすっきりとした彼の文体に魅せられる。でも、『富嶽百景』の良さが分からない。最初に出会ったのは、中学か高校の教科書だったと思う。有名な「富士には月見草がよく似合ふ」という文に合わせてか富士をバックにした月見草の写真が記憶に残っている。

 私もかなり躁鬱の気があるので、太宰の心の流れはよく分かる。でも、文学作品としての価値がどこにあるのかが分からない。文章のうまい鬱病患者の快復記。私が太宰ならばあとで読み返したとき自己嫌悪に陥るのではないかと思う。自分の才能のなさをさらけ出すようで恥ずかしいが、ある年齢に達すれば分かるのではと、その後何度も読み直し現在に至るが、分からないのである。

 (他の収録作品は素晴らしいので★は5つである。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/27 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/22 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/13 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/21 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/07 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/16 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/10 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/17 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/27 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/12 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/27 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る