サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私たちは孤独ではない(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/201p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

私たちは孤独ではない (ハヤカワ文庫 NV)

著者 ジェイムズ・ヒルトン (著),村上 啓夫 (訳)

私たちは孤独ではない (ハヤカワ文庫 NV)

259(税込)

ポイント :2pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

善良の中の悪魔、平凡の中の奇跡

2013/06/30 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

とあるイギリスの田舎町で人々に愛されてきた医師と、ドイツから流れてきた孤独な踊り子、二人は逃避行を試みるが阻まれてしまう。別に心中とか、情事の果ての逃亡ではない。第一次世界大戦の開始、英独開戦時の混乱からの脱出を望んだに過ぎないが、それは許されず、むしろ彼らを取り巻く状況を悪化させてしまった。
不運な事件が重なる上に、スパイの嫌疑までがかけられる身の上にあって、医師は踊り子に「われわれはひとりではないのだ」と語る。まったく良心的に、正直に生きて来て、理不尽な境遇に落とされる、それは他の無数の人々と同じ運命であること。これからの戦争で犠牲になる人々、その原因となった虐げられた人々、そういう列の中の一人に過ぎないのだと。
そんな諦観があるものだろうか。そのような存在でいることが人間に可能なのだろうか。
たしかに彼は見て来たのだ。医師という立場で、十分な手当を受けることができずに病気を悪化させ、あるいは死んで行く人々、子供たち。そういう人たちが、自分の住む街にもいること、そして国中に、それから世界中にいることを感じていたことが伏線として生きている。
医師と踊り子の関係は、行く当ても無い患者への同情であったに違いないが、それが何重にも災いしたのも不運としか言えない。彼女を自分の家に家庭教師として雇うことも、帰国のために力を尽くすことも、まったくヒューマニズムの発露なのだが、それは一方では愛を必要とする者には無尽蔵に愛を与えることができる者、自分に必要な愛を受け入れてしまうことができる者、その人間同士の関係には、無限に深いものが生まれてしまう。「鎧なき騎士」ではそれは、平凡な男に超人的な(しかし誰にも知られない)活躍を為さしめたが、本作ではすべてが裏目に出たことになる。それでどちらの人物がより不幸だったという比較ではないのだが。
彼らを陥れたのは、戦争の不穏な空気、それから恐怖だろうか。想像力を欠いた善良な人々の自己防衛本能ろうか。医師の恐れを知らぬ純真さだろうか。仕事に忙殺される日常の中でこそ、生活も地位も投げ出すかもしれないリスクに躊躇しない勇気は育くまれたようにも思える。
たぶんそういった諸々の巡り合わせの物語なのだ。
あるいは似たような不運と奇跡は、現実に無数に存在したのかもしれない。
戦争の悲劇という大きな枠で語っても同じことなのだろうが、ここではまったく平和に暮らしていた人々の中から突如として狂気が立ち上った瞬間としての、禍々しい輝きがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む