サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

極北に駆ける(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1985
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-717802-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

極北に駆ける (文春文庫)

著者 植村 直己 (著)

極北に駆ける (文春文庫)

504(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

実体験の迫力

2002/07/28 08:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MFTR - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒険家植村直己氏の極北犬ぞり探検記。犬ぞり紀行に限らず、犬ぞり探検が始まる前の準備期間から記述は始まっている。とんでもない異文化の地で冒険を始めることがいかに大変かがわかる。また、当然のことながら極限の地での冒険についての記述は、迫力がある。小説と実体験記はこうも違うものかと考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

適応力とチャレンジ精神には脱帽

2006/10/16 07:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:橋本啓介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

植村氏の犬橇3000キロへのチャレンジと、その準備のためのエスキモーの部落への”裸一貫の飛び込み”そして1年に及ぶエスキモーと生活と心のふれあいがこの本では書かれており、彼の適応力とチャレンジしようとする不屈の精神が非常に伝わってくる。本当に冒険家だとひしひしと伝わってくる。普通の人間からすると全くもってあれだけの異文化を含めた環境への適応力とチャレンジ精神は持てない。
おそらくエスキモー部落にちょっと行くだけで、あるいは生肉を食べるエスキモー、そしてそれを食えと言われる、だけでもう帰りたくなるのではないかと思う。
また、犬橇で道に迷った際に、もう駄目だと思うのではなく、とにかく前進と考えるところに、彼の強さがあると感じた。普通の人はちょっと駄目だともう駄目だと諦めるところを、彼は諦めない。普通の人と彼との違いはそこにあるのだろう。天賦の才なのかもしれない。それが彼に偉大な冒険をさせるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/03 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/16 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 03:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/19 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/01 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/18 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/01 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る