サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ハーメルンのふえふき ドイツの伝説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハーメルンのふえふき ドイツの伝説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1985.12
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-03-425190-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ハーメルンのふえふき ドイツの伝説

著者 アンネゲルト=フックスフーバー (絵),おざわ としお (文)

ハーメルンのふえふき ドイツの伝説

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大人になってからのお楽しみのために

2001/06/16 15:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大網さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ネズミで困っていたハーメルンの町にある楽師がやってきて笛の音と共にネズミを連れ出してくれますが、報酬を渋ったために、町中の子供たちが笛の音と共にさらわれてしまうというお話。
 非常に有名な話ですが、この話の解釈については諸説あります。子供が大きくなってからこの話の実際的な解釈に触れた時に、子供の頃を振り返れるように、読み聞かせています。
 明と暗が使い分けられてメリハリのついた絵は子供達の興味を引くことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

口約束も約束のうち。

2002/06/01 06:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきな - この投稿者のレビュー一覧を見る

「笛の音を聞いてみたい!」
幼い頃、このお話と出会ったとき、単純にそう思いました。
親になった現在、再び読み返すと なかなか奥深く考えさせられるお話です。

13世紀(800年ほど前!)から、北ドイツハーメルン町で語り継がれている伝説、
「ハーメルンのねずみとり男」
130人ものこどもが町から姿を消してしまうなんて、
なんとも奇妙な話ではありませんか!
お話の中には、大人のズルイ部分がはっきり書かれています。
市長はその代表的な存在です。
口約束とはいえ、金貨百枚でねずみ退治をお願いしたのに
退治したあとも、お礼をしぶる市長。とうとう ふえふき男は、こう切り出します。

     「町にはネズミは、もう一ぴきもいない。
     市長、あんたは お礼を、だすのか ださないのか?」
     「ネズミとり男よ、全市民と市会議員の名において、お礼は ださない!」

このことばをきいて ふえふき男が立ち去る場面、
闇のなか振り返り こちらをじぃーっとみつめる姿は印象的です。
口約束とはいえ、約束は約束です。
特に、人の上に立つような立場のひとが その場の感情や
目先の損得で カンタンに約束を破ってしまったり、
なにか不都合なことがあれば、責任転化して その場をしのいだりする。
それは許されないことなのだと お話は語っているような気がします。

こどもがひとりもいない町。
考えただけでもおそろしく さみしい光景です。
最後の場面をみると、町は真っ白な雪におおわれて描かれています。
未来や希望、輝ける部分を失った町は、
真冬のようにつめたく凍りついた状態だったのでしょう。

カバー部分に書かれている 小澤俊夫先生のことばによると、
こどもたちが連れ去られた通りを“音楽禁制通り”といって、
今でもそっと通ることになっているのだそう。
ハーメルン町、いつか訪れてみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/21 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る