サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昭和人物伝(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.2
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-598021-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

昭和人物伝 (徳間文庫 ノンフィクション選集)

著者 梶山 季之 (著)

昭和人物伝 (徳間文庫 ノンフィクション選集)

410(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

ノンフィクション選集4/昭和人物伝

594 (税込)

ノンフィクション選集4/昭和人物伝

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

忘れられていく時代へ

2014/10/20 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

人物伝を書くのにいろいろな人から松永安左衛門と言われて、その選択が当時斬新だったかよくわからないが、日本の電力業界の基礎を一人で作ったような豪腕、豪傑を引っ張り出したのは慧眼なのか、とにかく当時から知る人ぞ知るであったらしい。いろいろな商売に手を出して、福岡で石炭、市電、そして電気と広げたところで、これが成長産業だった。そして規模を拡大することで効率化出来ることを発見。吸収、合併を繰り返して、九州を手に収め、大阪、名古屋、東京にまで進出する。そこで止められはしたものの、放っておいたら手の付けられない独占企業になっていただろう。
ともかくその快進撃だけでもすごいのだ。その人間性が、豪快とか、内面は繊細とか、付け足しみたいなもの。不義理だの醜聞だのもこの勢いには関係ない。読みが鋭かったのか、時代の趨勢にマッチしたのか、ただ運が良かったというだけでは説明できないない、彼の事業を押し進めていたなにかを探るには紙数が少なく、しかし表からも裏からも、下世話なところまで含めて常に前向きである人物像を捉えているとは言えるだろう。
鳥尾夫人というのは、戦後GHQと深い繋がりを持ち、さまざまなスキャンダルを掻き立てられた人物らしいのだが、その経緯を丹念に整理して、決して悪人でもなければ疑惑の黒幕でもなかったということをレポートしている。いや、そうなのだが、これはみんなが忘れたスキャンダルを思い出させるのが目的であるような嫌らしさも醸し出している。上げてるんだか下げてるんだか、ある種のゴシップ記事の典型みたいなもので、ルポライターの元祖たる文体の駆使が「らしさ」である。
無論戦後の混乱期にはさまざまなことがあり、日本人だけでなくGHQにも米軍にも非難されるべき行為が多々あったわけだが、時間とともにそれらが風化するにまかせて、真相が闇に葬られていくのを怠惰に見送っていく人々こそが、実は梶山の糾弾しようとしている相手なのだろう。そしてGHQ相手に真相を明らかにさせることなど、どんな日本人にも出来ないことであり、読んだ誰もが落ち着かない気持ちにさせられるという効果を持っていそうだ。
義宮殿下、東条英機、正力松太郎、黒澤明、川上哲治、いずれも時の人であり、それらの人々の細かい噂話を繋いでいくのは、華やかな部分だけが強調されていく時間の流れに抗して、忘れては行けないことを記録していくことを目指しているかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/01 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る