サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鬼(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.2
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-140754-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鬼 (角川文庫)

著者 西村 寿行 (著)

鬼 (角川文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

遥かなる怨執の大河

2006/10/19 01:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「日本幻想作家名鑑」(東雅夫・石堂藍)で寿行幻想文学の最高傑作とされているのが本作。京都で売れっ子芸妓が惨殺された、まるで鬼にでも貪り喰われたごとく。長野県飯綱村で、飯綱の法の修験者による争乱が起きる。岩手県遠野村奥地で、謎の石神信仰集団が姿を現す。古の怨念が現代に威を振るうかのような幻視。今昔物語集にある平安時代の鬼の物語、文徳天皇の女御藤原明子の美しさに狂った鬼。東日流外三郡史に記される、坂上田村麻呂の前に立ち塞がった奥州の荒吐鬼。鬼の伝説は何物かの真実を伝えているのであれば、それは世界の伏流として脈々と生き継いでいたとしても不思議ではない。
鬼は気配だけで既に恐ろしい。その正体が人間かもしれないと疑うからだろうか。人間だったらほっと安心するために、前もって恐怖が必要なのだろうか。だがここに描かれる鬼はそんなに甘いものじゃない。鬼の姿は角が生えているとも、虎の皮のパンツを穿いているでもなく、その存在と強力による支配力だけが迫ってくる。人間はひれ伏すしかない、逃げ場の無い、見えざる恐怖と言えるだろう。
その鬼達と現の世をバイパスする役となっているのが、老境に入って京都市街から離れた山荘に隠遁している男、殺された芸妓をかつて水揚げした人物でもある。現在は若い(といっても三十代)愛人と暮らしている。感情移入しにくいだろうか。しかしこの枯淡で老獪な存在を通じて見て感じるから、鬼の恐怖に耐えられることに、後になって気付くだろう。鬼は、恐怖は、伝説は、「スリルとサスペンス」のためでなく、我々の生活に根ざした現象として、この空間に共存することに身を委ねる愉楽のためにある。それは僕もこの老人の境地に、あるいは年齢だけでも近づきつつあるゆえに思うことだろうか。
古文書(あるいは偽書)に信憑性、あるいは単なる本当らしさでも、感じる必要はないのだ。ただ僕らが同じ幻想をその作者と時代とに共有しえたこと、そこに同じ苦さがあり、それを受け継いでこれたことを、時間を貫く細長い洞門のようにこの物語が思い起こさせてくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する