サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウロボロス(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.3
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/702p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-53801-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ウロボロス (創元推理文庫)

著者 E・R・エディスン (著),山崎 淳 (訳)

ウロボロス (創元推理文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ファンタジーの最高傑作の一つというが、納得できる

2005/11/29 20:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーは魔法と剣の物語であるはずだ。この作品にも魔法や魔物や天馬も出てはくるが、剣と戦争と冒険が主である。いろいろな人物が登場し、主人公、ヒーロー、ヒロインが誰かよくわからない。たんなる剣士、騎士であり、剣と度胸による冒険家でしかない主人公達に対し、敵役の魔法使いである、この空想世界の覇王を目指す魔女国大王の方が、部下の武将達の性格や能力を良く把握し、適材適所に配置し使いこなす能力を示す。また、その大王の部下に鞍替えした、裏切りを繰り返すもう一人の敵役の性格は、主人公達の騎士的に単純な性格に対し、鬱屈した複雑なものであり、勝つ心底に純真なものも持っているというように、複雑である。個性の書き別けられている武将達を含め、敵役の方が魅力的である。魅力的な敵役を創造できることは、傑作の一つの条件であろう。またファンタジーでは、想像上の世界をいかに現実的に思わせられるか、細部の工夫が大切である。地理や風物を詳細に描写することで、現実味を醸し出している。風景や風物に対する、優雅で華麗な描写が、この物語のヨーロッパ中世風の雰囲気を表している。原英文が擬古文であるということだが、それにあわせて日本語訳も擬古文的になるように工夫してある。この物語に適切な文体である。リン・カーターの「ファンタジーの歴史」に、これまでのファンタジーの最高傑作の一つとあったが、納得できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/07 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/24 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む