サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:1986/05/26
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:23×29cm/54p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-00-110590-X
絵本

紙の本

サリーのこけももつみ (大型絵本)

著者 ロバート・マックロスキー (文 絵),石井 桃子 (訳)

サリーのこけももつみ (大型絵本)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「いい絵を子どもに見せてあげたい」というときに、マックロスキーの絵本をお薦めします(人により好みはあると思うけれど)。

2001/07/31 10:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マックロスキーの代表作には『すばらしいとき』という絵本がある。2001年7月現在休版中のようであるが、これはもう見事な絵本だ。少し年齢の高い小学校中学年ぐらいからが対象になると思うが、「絵本って何て素晴らしい。ここまで、世界を、いろいろなことを表現できるのか」という驚きに満ちている。

 原題は『Time of Wonder』−−このタイトルから、子どものもつポテンシャルについて言及したレイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』を連想する。どちらも荒々しい姿と穏やかな安らぎで人を神秘の世界にいざなってくれる「海辺」で誕生した名作だ。マックロスキーは家族で島で暮らしていた。

 さて、この『サリーのこけももつみ』はところ変わって山のお話。<こけもも>については、訳者・石井桃子さん(この方の訳の絵本は、どうしてこう皆揃いも揃って素敵! 半自叙伝『幻の朱い実』もお薦め)の断り書きがリーフレットではさんである。 こけももは原題にあるブルーベリーを訳した言葉だったが、その訳で長く親しまれてきたのでそのままで…とある。

 サリーはお母さんとこけもも摘みに出かける。冬用のジャム作りのためにいっぱい摘まなくてはならないけれど、サリーはそんなことお構いなしに、摘んだそばから食べてしまう。お母さんのバケツにためたものまで手を出すので注意され、離れた場所に行って食べ始める。

 そのころ、山の反対側の斜面には、くまの親子もこけももを目当てに遊びに来ている。冬眠の間おなかがすかないように、食いだめをしておかなくてはいけない。お母さんぐまに遅れ気味のこぐまは、走り疲れたのですわりこんでゆっくり食べ始める。

 ここで、お話が俄然おもしろく展開する。
 子どもたちは、こけももの茂みのなかで、お互いのお母さんを取り違えることになってしまうのだ…。ユーモラスな勘違いをしてしまったふたりの子どもたちが、はぐれたお母さんに会えるかな…というポイントで読み手は引っ張られていく。
 それぞれのお母さんたちは、結局、子どもの立てる音で我が子を認識する−−そのことが子どもたちの心にもたらす安心感!
 
 違う相手とご対面した絵のおかしさや、二組の親子の位置関係や状態、表情を教えてくれる効果的な構図の絵の達者なこと! 4〜5歳だと思われるサリーの、吊りズボンのサスペンダーの肩が片方が外れていたり、髪のくせがはねたまんまだということに、画家の温かな思いを感じる。
 前と後の見返しには、サリーの家のカントリー・スタイルのキッチンが丁寧に描き込まれ、その場所と、本文の開放的なこけもも山との対照がまた魅力的だと思う。

 これらの絵がすべて濃紺1色でシャープに描かれており、すがすがしい山の風がこちらにも吹いてきそうなのである。絵本だからできたこと、絵本にしか伝えられないものの存在をマックロスキーは堪能させてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

取り違えでドキッ

2016/12/27 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャムにする、こけももつみに出かけたサリーとおかあさん。
ちょうど同じ時同じ山に、こけももを食べに出かけたクマの親子。
二組が、おかあさんと子どもを取り違えてしまって、ドキドキしてしまいました。
おかあさんクマが人間に手出ししなくてよかったー。
来年から、クマよけの鈴は必須アイテムですね、おかあさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間とくまの勘違いが楽しい

2001/10/20 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大網さん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サリーはお母さんとジャム用のこけももを摘みに山に出掛けます。ちょうど、くまの親子も冬支度にこけももを食べにやってきていました。サリーとこぐまは間違えて、くまのお母さん、サリーのお母さんについていってしまいます…。
 非常にシンプルなストーリーなのですが、シンプルなドキドキが幼稚園(前)の子供にはちょうど良いようです。白黒の絵も(原書は1948年の本ですから)、シンプルな話とよく合っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親子でお気に入りの1冊

2001/06/13 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:warabe21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サリーとお母さんは、ジャムにするこけももを摘むために、こけもも山に出かけます。摘んでも摘んでも、すぐ食べてしまうサリー。歩き疲れて座り込んでしまったら、お母さんを見失ってしまいました。

 山の反対側には、親子の熊。こちらも、冬に備えてこけももを食べに来たのです。やはり、小熊もくたびれて座り込んでいるうちに、お母さん熊とはぐれてしまいます。

 お母さんを探すサリーと小熊。ところが、サリーが見つけたのはお母さん熊。小熊が見つけたのは、サリーのお母さんでした…。

 こけももに夢中になっていたお母さんとお母さん熊が我に返って自分の子どもじゃない相手を見たときの驚きようが、とても楽しい(お母さん達は、楽しむどころじゃないんですが)。

 訳者の石井桃子さんによると、「こけもも」とは、ブルーベリーのことだそうです。ブルーベリー山で、ブルーベリーを摘むなんて、すごい贅沢ですよね。

 一色刷りですが、絵がリアル。親も子も楽しめるおすすめ絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思い出とだぶるストーリー

2002/05/24 13:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塔ノ上 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お母さんと一緒にこけももを摘みにきたサリーは、こけももを食べることに夢中になっているうちにお母さんとはぐれてしまう。同じく冬眠に備えて、こけももを食べにやってきて、はぐれてしまったくまの親子、それぞれの子ども達が、自分の母親を取り違えてしまう。お母さんだと思って、無心にくまのおしりのあとをつけるサリーとコグマのようすが愛らしい。思えば、幼い頃、遊園地やごみごみとした街中で、母や父だと思って懸命に追いかけたお尻が、振り返ると知らない大人だったことが、度々あったことを思い出し、おかしくなってしまう。優しいモノトーンで、サリーやコグマ、それぞれの母親が表情豊かに描かれている。
 日々の生活のふとした光景の、ちょっとした冒険を楽しく描いた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵本ならでは

2018/10/23 13:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

野原でこけももを摘んでいた子供のちょっとした冒険?のお話です。
ドキドキして、とても楽しい絵本。
絵本のくまはこわくないので、安心して見られるのですが毎回少しひやっとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちゃんと摘めたね

2018/07/25 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サリーはおかあさんといっしょにジャムを作るため
こけももを摘みに、こけももやまへ行きました。
そこで出会ったのは…。

サリーは幼稚園か、その下くらいの歳でしょうか。
いけないといわれているのに、こけももを食べてしまう
サリーの描写が可愛いです。

途中なかなかハラハラする展開が起こりますが、
それでも最後には元鞘に戻ることができて、良かったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。