サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 講談社
  6. 講談社文庫
  7. ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-183528-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録 (講談社文庫)

著者 酒井 美意子 (著)

ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録 (講談社文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録

540 (税込)

ある華族の昭和史 上流社会の明暗を見た女の記録

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

この本に書いてあることは上沼恵美子のジョークではない。正真正銘天下御免加賀百万石のお嬢様のお話を、皆のもの、よおおく聞けい!

2007/10/18 00:41

14人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨今、格差論ばやりである。何でも小泉首相の首相在任5年間で日本社会は中流階級が崩壊し、アメリカもマッツアオの階級社会に分裂して負け組日本人はどんどんやる気がなくなって、社会は「分裂にっぽん(朝日新聞)」状態にあるんだとか。馬鹿も休み休み言えとはこのことだ。格差論をしきりに論じるのは朝日御用達の橘木俊詔や山田昌弘、もっと品下がって森永卓郎あたりだが、こういう「格差問題」を振り回す連中も、またまたこいつらの浅薄な議論を真に受けて「そうだそうだ全くだ」と振り回される馬鹿ドモたちも、本当の格差社会とはどういうものか知らないのじゃないか。知らないなら教えてやろう。本書の著者は本家本元正真正銘加賀百万石前田家長女の前田美意子様がお書きになった彼女の赤裸々な幼少期の真実なのである。まずこれを読んでから「格差社会」について論じてもらいたい。本当に今が格差社会なのか論じてもらいたい。ではそのさわりを...
「前田家の本邸は今は駒場(現日本近代文学館)だけど、明治から大正の末までは本郷(現東京大学本郷キャンパス)にありました。あそこの敷地10万坪(33万平米)余り(前田家上屋敷)の一部を東京帝国大学に寄付して、残りを駒場にあった東京帝大農学部の敷地4万坪及び代々木演習林の一部11543坪(約17万平米)と等価交換しましたの。そのうちの13000坪を塀で囲って洋館と芝生やテニスコートの洋式庭園、日本館と茶室や煎茶亭(金沢兼六園内に移築)、馬場、園芸場をつくりましたの」。そしてこの広大な邸内には前田家家族のほか下男下女合計136人の使用人が居住していたそうな。これらの使用人たちは何でも数百年前田家に使えてきた「家臣」たちの末裔なんだそうで、父である公爵前田利為はことあるごとに5歳にもならない娘達に以下を教え諭したとか。「使用人達は我が家の宝だ。彼らの祖先たちの働きがあったこそ前田家は今日まで安泰だったのだ。皆を大事にせよ。使われる人の身になって、思いやりといたわりを忘れるな。ナマイキな態度を取るな。反感を買うような言動をはくな。だけ、使用人になめられるな。使用人に馬鹿にされるような態度振る舞いをするな。常に相手の考えていることを察し、本心を見抜けるように心がけよ」。何でも人が人を使うことが人類最大の難事なんだそうで、人を使える人間になってはじめて人の上にたてるんだとか。こんな躾が幼稚園の頃から「家庭」でなされちゃうんですよ。どーでーすー、皆さん。昨今の格差論議が馬鹿馬鹿しく思えませんか。その後、美意子お嬢様は酒井雅楽頭末裔酒井忠正さまとご結婚あそばされ、姓を酒井と改められます。ちなみに姫路にある世界遺産姫路城は酒井家のご実家。「夫の実家は姫路城」って、上沼恵美子のジョークを地で行く、まあ、ほんとたまげちゃうよね。まいりました。あっと、ついでにいうと鎌倉文学館は前田家の鎌倉別荘を鎌倉市に寄付したものなんだそうです。

皆のもの、控えおろー、頭がたかあい。本書を読んだら、今後、みだりに格差格差と嘆くでないぞおおおおお。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なんか感じ悪かった

2017/10/21 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
加賀・前田家のお姫様が好き勝手に書きなぐったエッセイともいえないような文章。
元皇族だけどブスなために行き遅れている女性に胡散臭い成りあがりがお似合いと紹介したりとか読んでいて不愉快でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/25 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/23 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/19 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/08 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/14 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る