サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

労働貴族(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-183769-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

労働貴族 (講談社文庫)

著者 高杉 良 (著)

労働貴族 (講談社文庫)

453(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

労働貴族

378 (税込)

労働貴族

ポイント :3pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

労働貴族と呼ばれた塩路天皇を追ったドキュメント

2005/02/18 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1980年代に日産自動車グループの労働組合の集合体である自動車労連の会長であった塩路一郎を描いた小説。塩路一郎氏とは、会社の発展を目指すのは社長以上で労働者の代表でありながら豪華クルーザーを所有し愛人を囲い夜な夜な銀座で飲み歩き、労働者に「天皇」と呼ばれた男だ。「労働貴族」と呼ばれた男。90年代以降の組合の力・集客力の低下からすると信じられないが、かつては貴族のような生活をしていた労働運動家がたくさんいたのだ。僕はリアルタイムで彼のことを知らなかったが、シンプルに云うと労使協調路線のバランスの中で、ファシストのような絶大な権力を日産内部に持っていた男を描いたドキュメントです。また労使というだけに、この談合的圧政統治は、組合の委員長である塩路一郎と同時に「破滅への疾走」で描かれた川又克二元会長と二人三脚でなされたものです。

日産自動車中興の祖カルロスゴーンのインタヴューや劇的なV字回復のニュースを読むと、その隔世の感は凄まじい。ほとんど同じ企業体とは信じられないくらいだ。いかに、組織というものがリーダーのキャラクターと経営能力に左右されるかの好例だ。ぜひ「破滅への疾走」「労働貴族」とカルロスゴーンの著作を同時に読んでみることをお薦めする。日本社会の構造的欠陥の縮図と「それを変えるために必要なこと」が大きなスパンで観察することができて、興味い深い。

さて僕はこの労働貴族を読んで、山本七平が著書「日本人と中国人」で日本社会には「権威」と「大衆」VS「権力」というバランスが作られやすいと指摘しているのを思い出した。というのは、労働者=大衆と権威=組合委員長と、権力=経営者という形がそのまま当てはまるからだ。考えてみれば、当時は弱者と見られていた労働者の代表である委員長が、なぜ経営者に個人的プライドだけで喧嘩を売り、人事権を掌握して現場の意見を封殺し、経営のリーダーシップを骨抜きにすることができたのか。時がたった外部から見ると、不思議で不可解な現象だ。外国人が日本を見ると、非常に奇異な感じがするといわれると同じ感覚が味わえます。企業内組合が、経営自体に踏み込むことを誰も不思議に思わないし、自浄できないというのは、あきらかに意味が分からない。この小説では描かれきってはいないが、塩路一郎が「なぜ権力を握るにいたったのか?」というのは、日本人と日本の企業統治のあり方を考える上で、重要な命題だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/03 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/12 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/13 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る