サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 89件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:1986/06/22
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:19×19cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-0682-4
絵本

紙の本

くつくつあるけ (福音館 あかちゃんの絵本 くつくつあるけのほん)

著者 林 明子 (さく)

靴をはいておもてに出るのは、あかちゃんの大きな喜びですが、その靴がここでは大活躍。優しく明瞭な色彩で靴の表情を描いた、あかちゃんの絵本の一級品。【本の内容】

もっと見る

くつくつあるけ (福音館 あかちゃんの絵本 くつくつあるけのほん)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

林 明子

略歴
林明子

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー89件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

おんもに出たい子供のために

2012/04/15 06:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今の子供たちが歌っているかどうかわかりませんが、「春よこい」という童謡がありました。
 「♪春よ来い 早く来い/歩きはじめた みいちゃんが/赤い鼻緒の じょじょはいて/おんもへ出たいと 待っている」という歌詞です。
 「赤い鼻緒のじょじょ」といわれてもわからないですよね。
 歌詞を書いたのは詩人の相馬御風(ぎょふう)。有名な早稲田大学の「都の西北」を書いた人でもあります。作曲は弘田龍太郎。「鯉のぼり」なんていう童謡も彼の作品。
 なにしろ大正後期の作品らしいですから、さすがに今の子は歌わないかな。
 でも、とっても春らしい童謡で、好きだなぁ。
 春と、歩き始めた幼児の取り合わせが絶妙です。これは夏でも、秋でも、もちろん冬でも似合いません。春だから、一歩踏み出す子供の心と合うのでしょうね。

 私の友人が一歳になるお孫さんに贈ったのがこの絵本、林明子さんの『くつくつあるけ』という絵本だったそうです。
 成程、「あかちゃんの絵本」というだけあって、小さなかわいらしい判型です。赤ちゃんの手にもなじみそう。
ほとんど文もありませんから、赤ちゃんにも大丈夫。ううん、林さんのくつの絵だけを見ているだけでうきうきしてきます。
 なにしろこの絵本の中には一足のくつしかでてきません。
 そのくつがいろんな表情をしてくれます。
 「とん とん つまさきで」はずんでいる姿、「ごろん」と転んじゃった姿(えーんえーんと赤ちゃんは泣いたかな?)、でも、次のページではしっかり起き上がります。
 そんな絵本を読むと、相馬御風の作った「春よこい」が唇からこぼれました。
 まさに「歩きはじめた」赤ちゃんたちに最適な絵本です。

 私の友人のお孫さんはこの絵本が気に入って片時も離さないそうです。
 子供と絵本の、いい出会いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

躍動感があっていいです

2006/08/16 22:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絵本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子供が靴をはくようになってから読むと楽しいかも知れませんね。お話は、子供が聞き取れる程度に緩急をつけて読むと面白いと思います。私は最後のページで、「そうか、靴も眠るんだな」となんだか感心してしまいました。と同時に、「これは使える!」と思ったのでした。「靴もおもちゃも眠るのだから、ちゃんと元の場所に戻しておかなくちゃね」としっかり娘を教育する道具にしてしまいました。・・・いけないかしら?まあでも、靴をはき始めてからすぐに「靴は必ず脱いだら揃えてね」としつけた甲斐がありまして、5歳になった今でも靴はちゃんと揃えます。結果オーライってところでしょうか。親もたまに揃えていないと怒られます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み聞かせしながら

2019/06/22 23:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み聞かせボランティアをさせていただき、何回も読ませていただきました!シンプルでわかりやすい絵!色合いもくっきり!
お話に合わせて、子供たちが、少し弾む様に跳んだり、ゴロンと横になれる環境ならば、動いて楽しんでもらえる絵本でもあると思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好きな絵本

2018/11/01 15:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘の大好きな絵本です。
私のおさがりの絵本です。靴をはきはじめたくらいから読み始めたのですが、パタパタパタや、トントントンなど、一緒にジェスチャーして、気に入っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かわいい動き

2017/05/31 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atoz - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼児の靴、それがこんなにも表情をもって動くことに思わず笑みが溢れます。
作者の優しい気持ちがそこにたっぷりあります。
子供達が小さい頃に出会いたかった絵本ですが、今は画集として大切に本棚に並んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娘の姿が見えるよう

2017/05/13 05:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nabe - この投稿者のレビュー一覧を見る

2歳の娘と一緒に読みました。
可愛らしいお靴が歩いたり、いろいろなことをしますが、靴だけなのに、とても躍動感があります。その靴の上に歩いている娘の姿が見えるようで、とてもほっこりしました。
娘も「もっかい」と言って、何度も読みたがりました(^^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもの靴

2016/02/21 09:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴつぴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出てくるのは
子どもの靴だけなのに
その靴の動きがとても
躍動感があって
その靴の動きだけで
いろいろなことが
伝わってくるの
とても素敵な魅力の絵本です。
絵も可愛らしくて
優しいいろづかいが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

靴が履きたくなるような文!でも文字が……

2021/02/28 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぴょんぴょん、とんとん
など、子供も真似できるような言葉があり
言葉に合わせて動いてくれたりします


絵本の背景が青色なのですが……
文が読みずらいです……

靴が黄色なので目立たせるためなのかもしれませんが……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛らしい絵本

2019/03/03 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のイラストが可愛らしくて、懐かしくて大好きな作品です。
子供と一緒におでかけするのが楽しくなる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

赤ちゃんに人気の本

2016/09/04 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おにっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のちっちゃな靴が何ともかわいいです。
歩き始めたばかりの赤ちゃんが、覚えたてのコトバで「くっく」と表紙を指差して、お母さんに絵本を読むのをせがんだり、自分の靴を持ってきて、お外に行こうと誘ったりするのと光景をよく目にします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娘(1歳9ヶ月)のお気に入りの一冊です

2002/08/06 02:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みのたき - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘(1歳9ヶ月)のお気に入りで、夜眠る前に必ず「読んで」と自分で持ってきます。
ストーリーは単純なのですが、その単純さが子供にはおもしろいのか、何度読んでも飽きないようです。ぱたぱたと早足で歩くところやすってんころりんと転ぶところなど、大げさに変化をつけてあげると、とても喜びます。
読み方に変化をつけやすい本なので、読み聞かせる大人の方も、何度でも楽しくつきあえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くつだけで

2019/08/31 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

生後48日目。 我が子への読み聞かせ16冊目。     靴が生き物のように、意思をもち、散歩をする話。 靴を履いて、お出かけをするのが楽しみになりそうな一冊。 言葉の響きがよくて、読んでいると自然とリズミカルになる。 青と緑の暗い色から、人間が寝静まった夜中に、靴が動き出しているような印象を受けた。 最後は靴と同じように、我が子も眠ってしまった。 『くつくつおやすみ ぐーぐーぐー』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おくつ

2017/05/29 06:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おくつはいて、お出かけしたくなってきます。家の中でも、靴を履いて楽しそうによちよち歩きしていて絵本の影響ってすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くつ

2016/08/10 06:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

くつを履いてお外にお出かけ。2歳ぐらいの一人でじゅうぶん歩けるような子供にオススメの絵本になっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/11 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。