サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 言葉図鑑 ことばがいっぱい 5 つなぎのことば

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

言葉図鑑 ことばがいっぱい 5 つなぎのことば
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1986.7
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:31cm/40p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-03-343050-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

言葉図鑑 ことばがいっぱい 5 つなぎのことば

著者 五味 太郎 (監修・制作)

言葉図鑑 ことばがいっぱい 5 つなぎのことば

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

五味太郎・言葉図鑑 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

助詞に注目

2016/04/30 23:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

つなぎのことば、つまり助詞です。普段あまり意識しないですが、イラストとともに読み易いサイズのもじで、助詞を強調しています。まさにことば図鑑です。子供に読ませたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

むずかしい助詞を、五味さんのイラストとともに

2002/07/24 14:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉の図鑑、第五巻は「つなぎのことば」。
つまり、助詞を47語集めたものです。

助詞は、大人でも使い方がむずかしいもの。
いろいろな助詞を、いろいろなシチュエーションの例文を用いて、わかりやすく紹介してくれています。
1つの助詞に対して、1つのメイン例文+2つのサブ例文という形で紹介。
たとえば、草がなびく場所にうさぎが立っている絵なら、
メイン:かぜ が ふく
サブ :うさぎ が いる / くさ が なびく
という感じです。(助詞「が」)
1つの助詞について、3つの例文は勉強できます。

イラストは、五味さんらしくカラフルでかわいらしいです。
楽しいイラストで、むずかしい助詞の使い方を覚えましょう。また、大人のかたも、ここにきて助詞の正しい使い方を確認するのも良いでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供たちに生き生きと読まれる、言葉の教科書

2007/09/20 20:49

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

自閉症の息子が通う特殊学級の教室に、この絵本がありました。
 朝の自習時間に、着席していることの難しい息子のために、毎日のように学校に付き添って通い、この本を読んでやりました。音読していると、他の子供たちもそばにきて、耳を傾けたり、一緒になって声を出すことがよくありました。
 本書には、さまざまな風が出てきます。強い風、とまりそうな風、涼風、仕事の邪魔をする風、気まぐれな風、上昇気流……どの風も、子供たちの記憶のなかにストックされている風の体験を呼び起こし、さまざまな感情を引き出します。
 五味太郎氏の、色合いの派手さを少し押さえた絵は、視覚過敏気味の子供たちにも受け入れられやすく、一ページに一文ずつ、おおきな文字で現れる印象的な短文は、音のつながりを正確に記憶することの困難な子供にも、なじみやすいものだったのだろうと思います。
 その後、自宅用にも購入。息子と一緒に、繰り返し読みました。
 学校で配布される国語の教科書をほとんど使うことのない息子にとって、この絵本は、心に寄り添う教科書であったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/11 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ことばの絵本 ランキング

ことばの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む