サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

写楽殺人事件(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-183780-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

写楽殺人事件 (講談社文庫)

著者 高橋 克彦 (著)

【江戸川乱歩賞(第29回)】【「TRC MARC」の商品解説】

写楽殺人事件 (講談社文庫)

637(税込)
30%OFF

【期間限定価格】写楽殺人事件

09/28まで通常540

378 (税込)

【期間限定価格】写楽殺人事件

ポイント :3pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

作者自身が

2015/11/16 17:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

浮世絵に対してとても造詣が深いのでそれがミステリーにとてもうまく融合している。読み終わる頃には自然と浮世絵にも興味が湧いてくる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもろい!

2016/01/22 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tan - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸川乱歩賞受賞作中でトップレベルの面白さ。殺人事件より写楽とは何者かという謎がどんどん解けていく面白さ。ミステリの新しいアプローチであり最後までどんどん読める。お勧め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し古さも感じさせますが…

2001/01/29 09:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛・蔵太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 浮世絵と蔦屋に関係した人物の関係を語り、分析している手腕は見事で、特に「過去に写楽は誰であると言われていたか」という説明と、その反証は息を呑まんばかりの美しさ。ここの部分の解釈は、トンデモ系を出すでもなく、最新の研究によって裏付けされた「写楽学」の変遷を丁寧に語っていて、完成度が高すぎです。

 出てきた古文書(古書)は、誰がどういう理由で仕掛けたのか、さらに浮世絵学界を巡る各人物の思惑など、小さい器で権力闘争をしている部分の、キャラクター的ディティールも、ありふれていると言えなくもないけれども、面白さ抜群で、収まるところに収まっている快感はけっこう楽しい。ラストの「文章」の出どころで、真実の底までが明かされる手腕も文句のいいようがない。と、褒める言葉しか思いつかないのだけれど、現実世界での殺人トリック(○○と△△をゴマかしてアリバイを作る方法)は、昭和30年代なみの古さで、古いけれども忠実に過去のミステリーをなぞっている以上の評価はしにくいところ。

 歴史ミステリーとしては、『猿丸幻視行』(井沢元彦・講談社)と同じような手触りを感じるのですが、ミステリーの部分では井沢元彦のほうが若干手際のよさがあるみたいです。でもこれなら及第点を楽勝でクリアしてるな。満足できました。

(初出:「仮装日記」2000年12月14日)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史ミステリ

2001/05/28 21:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江戸川乱歩賞を受賞した歴史ミステリ。写楽の謎に迫っていくところが抜群に面白い。同じ歴史モノとして「北斎殺人事件」がある。こちらも北斎の謎を小説にうまく融合させた傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/16 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/24 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/24 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/29 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/14 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/26 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/24 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/15 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/23 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/15 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む