サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリズム(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.8
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030227-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

プリズム (ハヤカワ文庫 JA)

著者 神林 長平 (著)

【星雲賞日本長編部門(第18回)】【「TRC MARC」の商品解説】

プリズム (ハヤカワ文庫 JA)

842(税込)

プリズム

626(税込)

プリズム

ポイント :5pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.9

評価内訳

プリズム

2016/11/07 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:によ - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編集。
SFとファンタジーを行き来する世界設定で、言葉と想いに翻弄される。
それは幻か偽か。

安定の<言葉使い師・神林長平>氏の世界観で大満足なのはもちろんなんだけど、色たちのファンタジー側の世界設定が綺麗で好みだった!
ラストは心暖まって(今自分が)現実(と感じて信じている世界)に着地させてくれる親切設計。
とっても良かった!大好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

編集部コメント

2003/03/05 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:早川書房編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 磨きぬかれた言葉とイメージが織りなす星雲賞受賞の連作短篇集。藤原ヨウコウによる新カバー特別重版。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/31 11:15

投稿元:ブクログ

同一の世界観に貫かれている、けれどもそれぞれ違う世界・違うキャラクターを中心に据えた七つの作品による連作短編集。色を司る“魔”たちが支配する世界、都市上空を浮遊するスーパーコンピュータが人間を制御・管理する世界、そして“神”ルーブリックのもとで色と人間たちとが共存する世界――時にはファンタジー、時にはSF、プリズムのように色を変えながら、いずれにせよ神林作品ならではの言葉で編まれた短編たちは、「太陽の汗」に続き、“存在”とは自己認識か、他からの認識かというテーマを掘り下げている。
都市制御体から認識されず社会的に「いないはずの者」として扱われている少年、制御体のパーツであり無機物であるのに制御できない自己保存機構ゆえに「自己」を見出す機械、自分が「現実」と信じている世界を頑なに信じる男。自分とは何か、どこにいるのかという問題に翻弄される登場人物たちは、やがてそれぞれのゴールにたどり着く。「あなたがいて、わたしがいる」――「わたしは想う、だからわたしはいる」だけでなく、「あなたに想われて、わたしがいる」ということ。「心して想え」というルービックの教えと、「注意深く言葉を使うがいい」という使い魔の警告。“想い”という自分だけのものを、“言葉”という他者へ伝えるツールに乗せることで、世界は変わる。プリズムが生む様々な色の世界をたどる内に見えてくるメッセージは、“言葉使い師”である神林氏が自身に課している責任のようなものも垣間見せていて、興味深い。

2009/06/11 08:16

投稿元:ブクログ

長く品切れていたものが、いつの間にか復刊していた。嬉しい。この作品と「貴方の魂に安らぎあれ」は奇跡の名作だと思う。今の神林のように洗練されてはいないが、今の神林には描けない世界。つまり、世界中もう誰も描けない世界ということだ。それを悲しむより、そういう作品がここにあるということに感謝しよう。……思い入れすぎてなんか文章が変になってるぞw

2005/11/11 22:38

投稿元:ブクログ

この本が発行された当初から愛読。神林長平の中でも一番好き(少数派だろうけど……)ここに表現される“言葉”に対する独特の感性がたまらない。最後の「その言葉は――彼女にやってくれ」で涙する。
言葉とはそういうものなのかもしれない。

2006/07/28 15:33

投稿元:ブクログ

都市を制御するコンピュータにコミュニケートできない少年=存在しないもの。人の目には映ってもあらゆるサービスから除外される少年。
そして少年は、堕天使と出会う。

2008/04/27 03:34

投稿元:ブクログ

とにかく好きな作品。読んでも読んでも掴み切れないというか、読むたびに気が付くというか。
途中はけっこうグロい描写もあるのだが、とにかく色々な世界が詰め込まれているし、ファンタジー風あり、ハードボイルド風あり、ハードSF風ありで全て思い出そうとすると筋も登場人物もゴッチャになってしまう。
実際、色々な世界を次々と転々とするエピソードの中で、かなりの登場人物は同一存在でもあるわけなのでゴッチャになってもOKだと思う。

特に好きなのは色をモチーフにした魔の世界。それから、プロローグの黒い天使が突如現れるところなど。

雨が降っていたせいか、この場面を読むと映画『ブレードランナー』を。ブレランを見ていると『プリズム』を思い出す。

2008/09/27 12:26

投稿元:ブクログ

なんて美しい文章なのだろう。

冒頭の数行を読んだとき、そう思った。
いまだにこれ以上のものには出会えていない。

連作短編集。
幻想的な要素とメカ要素の融合が絶妙な世界観を描き出している。
分類としてはSFだけど
正直これは、神林長平が書いたファンタジーだと思う。
色たちが命をもつ世界をごらんあれ。

2010/01/31 17:53

投稿元:ブクログ

地上3万メートルの都市上空に浮かぶ直径137メートルのそろばん玉の形をしたスーパーコンピュータ浮遊都市制御体、これに支配される都市が舞台。
物事にはさまざまな視点が存在し、その視点によりすべての事象は変化してしまう。そんなことを伝えてきてるような気がしました。

2009/07/01 21:35

投稿元:ブクログ

 共通した世界観を持つ、いくつもの物語が連なって出来ている。
まさにプリズム。SFでもあり、ファンタジーでもあり、ハードボイルドな物語もあり。

この著者の中でも、一番好きな作品のひとつ。

2011/09/26 03:29

投稿元:ブクログ

冒頭にある通り「あなたがいて わたしがいる」話だ。
その言葉の意味するところは、本書を読め、その言葉通りの話だ。

タイトル通り、多面体な話。
それぞれ独立した世界が少しづつ位相を変えて展開し、それらが全てでひとつの世界を成している。
ハイ・ファンタジーかつハードSF。

2010/10/02 23:39

投稿元:ブクログ

<あなたに想われて、わたしがいる>

地上3万メートルの都市上空に浮かぶスーパーコンピュータ・浮遊都市制御体によって管理、運営されたこの世界。しかし、神のごとき完璧なシステムとコミュニケートできない人々が存在した。確かに存在し、人間の目には見えているが、何故か都市制御体には決して認識されない彼らは「幽霊」と呼ばれ、警察機構から追われている。
五芒星形(ペンタグラム)の瞳を持つ「幽霊」の少年は、ある雨の夜、堕天使に出会った。神を信じたためにこの世界へと落とされたルビーの瞳を持つ堕天使は、地球をリンボウと呼び、少年に赤い表紙の書物をもたらす。ルーブリック・コード。神の法典。
『わたしに期待するな。子らよ。わたしはなにも決定しない。わたしは賽をふらない』
コードに触れ、異世界の神の言葉に触れた少年は、自分が本当に生きる世界を知り、堕天使とともに望まれた世界「ルービィ・ランド」への帰還を目指す。一方、リンボウで、ルービィ・ランドで、少年を想い、彼を捜し求める少女がいた──。

2010/05/15 14:57

投稿元:ブクログ

色の世界の描写は、たまに読み返したくなります。
世界と相容れない主人公、というのは神林作品にくり返し出てきますが、これも例にもれず。世界の構成が相変わらず秀逸です。

2010/06/06 02:59

投稿元:ブクログ

神林先生のSFは大好きなのですが、これはちょっとその中でも毛色の違う感じがしました。


もちろんジャンルはSFです。けれどどこかファンタジーチックでSFを読んでいるはずなのに、童話のような世界に引き込まれていく、そんな感じがしました。SFが得意でない方の入門にはどうでしょう。ファンタジーとして読んでも十分楽しいと私は思うのですが。


残念なのは表紙が変わってしまったこと。前の表紙の方がよかったなあ。内容と表紙の雰囲気がマッチしていて。

2010/10/14 11:42

投稿元:ブクログ

神林長平さんの小説「プリズム」を読了。
7話による連作短編集です。




堕天使に出会ったことは誰にも言うまいと少年は思った。
                  (「ペンタグラム」より)




まず冒頭の一文に惹きつけられ、世界観にのめりこみました。



浮遊都市制御体が支配する街。
そこでは、すべての人間がコンピュータ・ネットワークにつながれ、
市民生活をおくっていた。
だが少年は、なぜかネットワークとコミュニケートすることができない。
制御体は少年のデータを持たない。つまり、データ上では少年は存在しないことになっているのだ。

この都市においては、少年は「白痴」とされている。
社会不適応者だ。
だがしかし…

少年は目をしばたたき、そして、父や母や兄からやってはいけないとたしなめられている彼独特の目つきで、それを見た。無意識のうちに少年の眼は半ば閉ざされ、猫の瞳のように緑色に光った。瞳は丸くなかった。五角形、ペンタグラム、五芒星形の瞳で、彼はそれを見つめた。
                 (「ペンタグラム」より)


少年の特異性が描かれる。ただの白痴ではない、何かが。



彼を主人公とした「ペンタグラム」を皮切りに、
さまざまな視点から多層世界が描かれている。

著者の神林さんは、言葉と色を駆使して、重厚な世界を鮮やかに映し出していく。まさにプリズムのごとき、きらめきを放ちながら。


「ペンタグラム」が発表されたのが、1983年。第6話「パズラー」が1986年で、最終話「ヘクサグラム」は書き下ろし。
約4年にわたって手がけられた力作です。



緻密に構築された世界観は揺るぎなく、それが物語の太い心棒となっています。そのため、どんな角度から切り取っても、くっきりとした断面を見ることができるのです。


一方で、4年という歳月が、作者の興味をいくぶん散らせることになったのか。登場人物に対する力点の入れ方が、はじめと終わりではかなり異なっている印象を受けます。
連作短編の醍醐味は、さまざまなエピソードが集約されるその瞬間にあるといってもいいと思いますが、そういった部分では少し散漫な展開だったかな。


それでも、言葉にできないことを言葉にしようとするような、挑戦的な筆致は、読者自身も試されているかのようで、刺激的な体験でした。



――何があったというんだい

――とても言葉には表せぬ
                 (「ブラック・ウィドゥ」より)

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む