サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コルドバの女豹(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-183827-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

コルドバの女豹 (講談社文庫)

著者 逢坂 剛 (著)

コルドバの女豹 (講談社文庫)

659(税込)
30%OFF

【期間限定価格】コルドバの女豹

09/28まで通常659

461 (税込)

【期間限定価格】コルドバの女豹

ポイント :4pt / 紙の本より198おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

暗殺者グラナダに死す
コルドバの女豹
グラン・ビアの陰謀

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

めくるめくスペイン諜報戦

2005/12/01 00:04

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tujigiri - この投稿者のレビュー一覧を見る

1980年代、フランコ体制から民主制に移行して間もないスペインの地を舞台に、極左勢力や極右勢力入り交じっての複雑な諜報合戦を描いた短篇集。
イラク戦役に加担したアスナール政権の総辞職を呼び込んだ、スペイン列車爆破事件で一躍日本でも名を馳せたテロ組織ETA (バスク祖国と自由)や、フランコ体制の復古を狙う軍部勢力などが狡知を振り絞って暗闘する表題作をはじめ、フランコ体制に加担した悪人を処刑する謎の男エル・ガローテをめぐる謀略を描く「「暗殺者グラナダに死す」や、スペインのNATO加盟を阻むべくソ連から仕掛けられる薬物テロに立ち向かう日本人医師たちが活躍する「赤い熱気球」、さすらいのギタリスト柏木亮が反乱首謀者の略取合戦に巻き込まれる「サント・ドミンゴの怒り」など、いずれもハードボイルドロマンあふれる秀作揃い。
これは拾い物だ。
スペインといえば目下世界最高峰とも称されるサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」が有名だが、反面ナショナルチームはその優れたポテンシャルのわりに大舞台で結果を残せず、サッカーファンをいつもやきもきさせるのだが、その背景には国と地方の大きな乖離がある。
ETAのバスクもそうだが、もともと違う歴史を持った異民族がひとつの国家に統合されていく過程で抑圧が発生し、多重な断層が生み出されているのだ。スペイン人である前にバスク人である、といった強烈なアイデンティティが心情的な一体感を阻害する。そのエアポケットを力点に各勢力がそれぞれの正義を掲げて争うのだから、本書の短編群は実は相当に根深いものを描いているのだ。
作中でも、テロリストが日本人主人公に向かって「単一民族の日本人にはわからない」と叫ぶシーンがあって(今ではこれも古い考え方だが)、なかなかに示唆深い。
現代スペイン史を垣間見れる、読み応え十分の短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/07 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む