サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. はるかなる地球帝国

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はるかなる地球帝国(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.10
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-69002-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

はるかなる地球帝国 (創元推理文庫 ダーコーヴァ年代記)

著者 M・Z・ブラッドリー (著),阿部 敏子 (訳),内田 昌之 (訳)

はるかなる地球帝国 (創元推理文庫 ダーコーヴァ年代記)

399(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/11/23 23:32

投稿元:ブクログ

父親の転勤で地球からダーコーヴァへ移住した少年が経験する冒険と友情の物語。
17歳のラリーは未知の惑星に好奇心を抱き、言葉を覚えて現地人の市場へ遊びに行き、不良に絡まれた時に赤毛の気の強い少年ケナード・オルトンに出会います。
当初は付き合いを反対されますが、貴族であるケナードの一族に名誉ある招待を受け、政府からも期待されることに。
ダーコーヴァ人の中にある対立に巻き込まれて誘拐され、ケナードと共に命がけで山越えを…

次第に大人になっていくラリーはやがては架け橋ともなっていくのでしょう。不時着からは2千年以上も後の話です。
彼ら一族のその後の話がどこかで続いているのがシリーズの醍醐味。
原著は65年、邦訳は86年発行でした。

2006/08/06 18:45

投稿元:ブクログ

2006年8月5日再読完了。ダーコーヴァ年代記。このシリーズは、大人が主役のお話と子供が主役のお話があります。同じシリーズなのに、がらりと趣が変わるのがおもしろかったです。
これは子供主役の方で、先に紹介した「オルドーンの剣」などの主役だったルー・オルトンの父親、ケナード・オルトンの子供時代のお話。ケナードは、シリーズの色々な本に登場しています。ひょっとして登場回数一番多い(未確認ですが)?
「はるかなる地球帝国」読んだ後に、「Sharra's exile」を読むとケナードの人生に涙してしまいます。「はるかなる」を読んだ時点で彼の人生がここまでつらいものになるとは、想像できなかったよ。読みかえしてみると、誇り高い少年ケナードがかわいいです。

2013/02/06 13:05

投稿元:ブクログ

冒頭、言語について
竜のことわざ
SFファンタジーの醍醐味 とてもいい ワクワクする

新しい土地に降り立った時の高揚感。旅に出たくなる。

そのあとはわりとよくあるジュヴナイル冒険ものか。
ダーコーヴァ人(=個人間の関係に限定)と地球人(=共同体を重んじる)の
比較はおもしろいけど。

2004/04/08 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000304410.html

2015/01/31 02:02

投稿元:ブクログ

ブラッドリーのダーコーヴァ年代記の中で一番好きな作品。
地球人の少年ラリーとダーコーヴァの少年ケナードの友情と冒険を軸に、地球とダーコーヴァの関係を描き出しています。

ケナード・オルトンは「オルドーンの剣」のルー・オルトンの父でもあり、ダーコーヴァ年代記の中でも重要なキャラクターです。
その後の彼がどのような人生を辿り、地球との関係にどのような夢を抱いたかといったことを思うと、胸に迫るものがあります。