サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

14ひきのぴくにっく
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1986.11
  • 出版社: 童心社
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-494-00673-4
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

14ひきのぴくにっく

著者 いわむら かずお (さく)

14ひきのぴくにっく

1,296(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「14ひきのぴくにっく」が含まれるセット商品

14ひきのシリーズ 12巻セット

14ひきのシリーズ 12巻セット

  • いわむら かずお (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:15,552144pt
  • 発送可能日:1~3日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

四季の移り変わりを感じさせる作品

2015/11/21 09:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもの絵本としてはもちろんよい作品ですが、それだけではなく、季節ごとの風景がとても細かく詳細に描かれているので、子どもと「図鑑」として楽しむという楽しみ方もあります。主人公のねずみと四季折々の風景は、非常に興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

春ですねえ

2016/02/20 01:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:師走 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さむいふゆが終わって春、木漏れ日の色がきれいです。
表紙と裏表紙の裏に植物の絵と名前が描いてあるのがいいな。
ページの隅々までじっくりと見て読むのが本当に面白いシリーズだな、とつくづく思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ある春の1日です♪

2016/06/10 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楽しい家庭菜園♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

14匹シリーズの5作目。
明るい春にねずみの家族がピクニックに出かけるお話。
これを読むと、昔野山を駆け回ったころを思い出します。
おもわずお弁当持って出かけたくなります。

シリーズ通してですが、ねずみのキャラクター以外に、
様々な生き物が描かれているところがすばらしい。
何度か読んだ後は、『どこかにとテントウムシがいるよ』
とか言って、『ミッケ』のようにして遊んだりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人も子どもも楽しめる

2017/03/16 04:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キム - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもの頃好きだった14ひきシリーズ。大人になってよむと、その美しく繊細な絵に驚き、新しい発見があります。なんども読み聞かせたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

10人きょうだいの家族と一緒に野原に散歩に行こう

2005/02/28 17:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yumikoit - この投稿者のレビュー一覧を見る

10人きょうだいの名前を、表紙から拾って読んでみた長男。
いっくん、にっくん、さんちゃん? …ちがうよ、さっちゃん。
よんちゃん…どうも頭の中にある数字と読み方が少し変えてあると混乱している。
頭の固いヤツだなぁ。

みんなでピクニック。おべんと用意しているあいだに、お兄ちゃんは末っ子のとっくんにお着替えをさせている。
とっくん? じゅうくん?
ページをめくるごとに、この子の名前は? 末っ子? 上から何番目? と確認しながら読み進める長男。
こんなに多い人数のきょうだいなんて、予想外なのかも。

大きなかえる。
かえるの卵。ぐにゃぐにゃしていて、蛇みたいな長い何かに包まれている。
なにしてるの? 川を飛び越える。

次のページではろっくんが川に落っこちて。
そしてはだかんぼのまま歩くろっくん。
たんぽぽ。綿毛。

みんな思い思いにお弁当食べる。

もうすぐ暖かくなるね。お弁当持って、我が家もどっか行けるといいね。
 >>>飼主日記-Yumikoit!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いのちの春

2012/04/01 09:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私が子供の頃、それはもうかれこれ半世紀も前にもなりますが、苗代の始まる前の田んぼには蓮華の花がたくさん咲いていました。
 蓮華の花の蜜が甘いと吸って試したものです。蓮華の花の首飾りも作ったりしました。あれは、誰と遊んだのでしょう。
 土筆(つくし)もたくさんありました。土筆をとっては甘く煮て、食べてものです。
 たんぽぽの黄色も印象に残っています。その当時のたんぽぽはうんと地面に這うように咲いていたように思います。あれは種が違うのでしょうか。
 そんな草花がどこにでも咲いていました。春とは植物の息吹を感じる季節だったのです。
 残念ながら、今はそんなことを感じることがなくなりました。でも、本当は今でも春は生き生きとした命を育んでいるのではないかしら。もしかすると、大人になった私が春の近づきを見つけられなくなっているのかもしれません。

 いわむらかずおさんのお馴染みの「14ひき」のシリーズで、春を見つけに行きました。
 今回の14ひきのねずみたちは、「みんなで、はるの のはらへ でかけよう」と、楽しくピクニックです。
 もちろんそこはいわむらさんの絵本ですから、ピクニック前の準備の時間の楽しそうなこと、森に咲くすみれに、やまぶき、ちごゆり、ふでりんどう、きっとどこかで見たはずなのに、いわむらさんの筆に初めてお目にかかるような草花たち。森を抜ければ、そこには広い野原がひろがっています。
 ひかり、風、いのち、空、雲、空気。
 ちょうちょのりぼんにびっくりしているのは誰でしょう。

 14ひきが池のなかに見つけた蛙のたまご。そういえば、子供の頃には生き物だってたくさんそこに命を育んでいました。
 蛙のぬるっとしたたまごから、おたまじゃくしがわぁーと生まれてくるのを、現代の子供たちは知っているのかな。水すましが温んだ水の上をスイスイと滑っているのを見たことがあるのかなあ。
 14ひきのねずみたちの絵本の世界で初めて知るのかもしれません。

 全体に淡いみどりの色で描かれたこの絵本のテーマは、春。命の歓声。わきあがる力。
 この絵本を読み終わったら、14ひきのねずみたちと本当の野原に出かけたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/31 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/29 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/16 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/05 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/19 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/05 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/20 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/14 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む