サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

札幌の女(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.12
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-598193-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

札幌の女 (徳間文庫 日本女地図)

著者 梶山 季之 (著)

札幌の女 (徳間文庫 日本女地図)

605(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

北国のエキゾチズム

2013/11/24 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

女シリーズという短篇集は、「京都の女」「銀座の女」「札幌の女」「博多の女」とあり、さらに海外を舞台にした「女巡拝記」となる。この「札幌の女」では、札幌、函館、釧路、青森、花巻、米沢、新潟、金沢と、北国を舞台にした作品を集めている。
だいたいの話は、東京から地方に出張したサラリーマンが、ふとした縁で地元の女とねんごろになり、なんとなくその土地の人情機微に通じたような気になるという按配である。中には東京まで追いかけて来るような娘もあるが、それもまた甲斐性ではあるが、当時の地方の若者がチャンスがあれば東京に出ようという意欲満々だったことの現れでもあるだろう。
女たちの行動力は、男へのこだわりと上昇志向のいずれが勝っているのか判然としない。若さというだけではない憤激にとらわれて突進しているように見える。
その一方で男たちは若い彼女らの勢いに押されつつ、なんとかうまいところに着地するわけで、そこは中年の手練手管の見せどころ。ただ土地の方言で口にされる、慎みや猥語に潜む激情の欠片に愛らしさを感じてしまい、ますますの深みに嵌ってしまうのだ。
ばれるか、ばれないか、うまく言い逃れが出来るか、あやまって許してもらえるのか、どうも緊張感の乏しいことおびただしいが、元は遊びのはずだった男達にとっても、それは思いがけず訪れた生命の噴出でもあり、それは人生を変える出来事なのだ。たとえ転落に見えるようでも、それもまた人生という明るさがあるのがこの作者の持ち味でもあるだろう。
高度成長時代に吐き出されまくったエネルギーの余波の一つの形であるが、そこはかとなくエキゾチズムの香りも漂わせ、ちょっとした冒険心をくすぐる。こういうファンタジーを求めるのも、健全というのか知らないが、ある種の活力の証明。男も女もギラギラした欲望を抱えていた日本が存在している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する