サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風の盆恋歌(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/10/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-103911-9
文庫

紙の本

風の盆恋歌 (新潮文庫)

著者 高橋 治 (著)

風の盆恋歌 (新潮文庫)

562(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

中年男女のあやうい恋を背景に越中八尾の風の盆を美しく描く

2002/09/01 18:58

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 加藤登紀子の解説に『この小説は男と女の恋という形をとっているけれど,実は風の盆を描きたい,という著者の狂おしいほどの情熱によって書かれたものだと思う』とあるが,まさにそのとおりだろう。

 祭りと言えば,喜びの表現であるはずのものだが,風の盆は違う。由来などを聞くと,風の盆も本来はそうなのかもしれないのだが,風土のなせる技なのか,じょじょに変わってきたのだろうが,現在の風の盆から感じるものは,静けさであり,優しさであり,そして,『死』なのだ。そこに魅せられた著者が風の盆を描くために,このような男女の物語を書いたのであろう。風の盆の美しさは十分に描かれている。古さも感じさせない。

 しかし,男女の物語は,今一つ。

 「もう一度,一度きりでいいから,あなたと風の盆に行ってみたい」はいいのだが,
 「私は散る前にせめて一度は酔って見たかったのよ」はすれ違いの予感か。
 男のセリフは虚しい。
 「好きな女と好きなように暮らせるのなら,今投げ出して惜しいものは一つもない」

 ラストはひどい。ロミオとジュリエットの真似などしなくても,最後も美しく終わらせてほしかった。

 この本の最初の出版は昭和60年(17年前)で,そのときから,風の盆はメジャーになっていったのだが,この本によれば,このとき,すでに,人気が出始めていたらしい。今の人気は,それとは比較にならないはずだが,風の盆の良さは,続いている。でも,100年後はどうなっているか。今日から風の盆である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おわら風の盆を背景に

2016/05/28 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

富山県の祭り「おわら風の盆」を背景とした恋愛小説です。この小説のおかげで観光客が倍増したそうです。内容は不倫で、私は結末に納得がいきませんでしたが、お祭りは見てみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/24 03:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/25 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/07 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/15 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/01 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/04 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/24 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/25 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/11 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/14 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る