サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宿敵 下(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987.9
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-124522-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

宿敵 下 (角川文庫)

著者 遠藤 周作 (著)

宿敵 下 (角川文庫)

518(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

2009/03/16 00:26

投稿元:ブクログ

最後は悟りの域に達してたよ、この人…。そして憎たらしい、氏ねばいいのにと思っていた小西が死んだ後の加藤が切ない…。

2007/06/27 12:06

投稿元:ブクログ

色々な意味で、この下巻から異説風味が色濃くなってきました…。どう捉えるかはそれぞれかなぁ。テーマ性はかなり好みでしたので、後は種々の思い入れを割り切って見られるか…どうか。07年6/27読了。

2009/11/26 13:51

投稿元:ブクログ

歴史の一部の流れ。視点が変わるとまた別のおもしろさがあります。それぞれの人にそれぞれの思いがあり、それが重なって出来上がっていく歴史。今自分のしていることなんて、とってもちっぽけに感じられます。そう、歴史の流れでみたら「今」なんてほんの一瞬にしか過ぎないんですよね。

2008/10/13 23:56

投稿元:ブクログ

長年の宿敵を倒したはずなのに…な、ラストの清正に全てが集約されている気がする
上巻よりも読んでてしんどい

2008/06/15 14:29

投稿元:ブクログ

かなり間空けちゃったけど、読了。結末がどうなるかは史実で知ってるだけに、話に引き込まれました。小西夫妻いいなぁ。清正もらしくてよかった。真っ直ぐ過ぎててキライにはならなんだ。

2008/01/31 17:10

投稿元:ブクログ

2008/1/25:朝鮮出兵の途中から。小西行長VS加藤清正のはなしです。小西はもう……なんか、不憫になってきた……。(遠い眼) 本当に小西と加藤以外はさらっと触れるだけなので、他の大名は期待しちゃいけません。いや、高山右近は結構出るがな。加藤清正の死因は朝鮮で病気に感染したとか、家康暗殺説とかあるようだけど、こういうのも結構好きですよ。嗜好的には。歴史小説としては駄目でも、初心者には優しいですよね。

2008/06/16 13:50

投稿元:ブクログ

小説としてのフィクションも混ぜながら過酷な人生後半戦。黒い三成も過酷な後半戦へ。救いは嫁の理解と支え、そして宿敵小西を失った後の清正の喪失感でした。宇土櫓を自分の城に移築した清正が嫌いになれません。

2008/03/14 14:58

投稿元:ブクログ

どろどろと憎み合う行長と清正/秀吉に従順じゃない三成…小西と清正って、ここまで真逆でもないよなとも思います。でも終盤のしんみりさはいいなあ。

2008/06/15 14:42

投稿元:ブクログ

どうしても小西寄りの見方をしてしまいます。
清正の忠義心は見事だとは思うんですけど、思うんですけど…!!
朝鮮出兵は太閤の為にもならないとも強く思うわけですよ!!

小西と清正がお互いに対してこの野郎!!と思うのも仕方がないですよね。
生き様が違いますし、それが丁度お互い相容れないものだったので…という。
折り合いをつけるとかそういうのもない。妥協しない。出来ない。

小西が切なくてどうしようもありませんでした。

2009/11/02 16:53

投稿元:ブクログ

大陸侵攻の戦は、すべてが徒労であった。怨みと不満は日本中に満ち、朝鮮は焦土と化して、飢えと寒さが民と兵を襲った。「何としてもこんな戦は止めさせなければならん。清正に先を越されてはならぬ」小西行長は才の限りをつくして、加藤清正を翻弄した。戦は終った、ついに太閤が死んだ。しかし1人の野望家が消えれば、新しい野心家があらわれ、また血みどろの戦いがくり展げられる。小西行長と加藤清正の宿命の対決はまだ終っていない。

2009/06/30 20:37

投稿元:ブクログ

ネタみたいな言い方をすれば
小西家のパーフェクト暗殺教室。

朝鮮の小西はまさに面従腹背。
二枚舌外交するし情報流して清正討たせようとするし(いくら嫌いでも一応同じ軍だし…)

三成との密談が衝撃…!
「弥九郎の家は唐・朝鮮から薬を仕入れていたか…」
何を今更…あっ!!!!

そして凄いのがいと(小西の奥さん)が進んで暗殺の工作を引き受けること。
ある意味戦国最強のヨメ。

関ヶ原の頃の清正は城兵には情けをかける男前。
でもいとは清正を許さない
その死を1日でも早めてやると密かに誓う。

関ヶ原から6年後、清正は急死。奇しくも行長と同じ齢だった。
毒を盛られたと噂されたが、その下手人が誰なのかは判らなかった…。


・・・とんでもなく宿敵もえ本でした(笑

2010/02/25 16:05

投稿元:ブクログ

小西行長死んだ後の加藤清正がすごく切ない…

加藤清正の死因が斬新(?)でおもしろいと思います。

2010/03/21 16:43

投稿元:ブクログ

小西行景がどういう風に戦ったのかまで書かれてあって、行景ファンにとっては、嬉しかった。行長の死を知った後の清正の心の中の描写が切なくて、ジーンとなりました。

2010/07/12 01:48

投稿元:ブクログ

行長の悟りに何となくじんときます。清正と行長はもっとうまくやれなかったのかなと悲しくなりました。行長夫人の夫への愛の深さはすげえと思いました。
あと、三成が悪い人に書かれてて面白かったです。

2010/11/21 00:38

投稿元:ブクログ

主軸を語るために、どの部分を採用しいかに他を切り落とすか・・・その上手さがスピード感あるエンターテイメント小説たらしめるかの肝なんだろうなと先を読まずにはいられない興奮を覚えながらもいっちょまえに感心してたり。対立とか葛藤の軸が明白だし、複雑であるということがスルッと納得できる上にきちんといろんな方法で説明してくれるから突っかからずに了解して進めるのが凄い。

内容も、すごく好きだったなぁ。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む