サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ノルウェイの森 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 183件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-203516-3

紙の本

ノルウェイの森 下

著者 村上 春樹 (著)

【新風賞(第23回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー183件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

(記憶の中の)直子の美しさ

2008/06/10 22:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

甘美な小説というのがあるのだとしたら、『ノルウェイの森』はまずその筆頭にあがる現代小説といってよいだろう。もちろんそこには、実に多くの困難な課題が描かれ、すべての登場人物がそれぞれの影を背負ったまま幕の下りる小説ではあるに違いない。それでも、それらは、実に多くの登場人物が死に、あるいは過去のそれとして距離(時間的な隔たり)がつくられることによって、ロマンチシズムを生成していく。しかもそれが、屈折した恋愛をメイン・モチーフとしているならば、なおさらのことである。

中でも特筆すべきは、直子の美しさではないだろうか。それは、描かれた作中の直子、月光を浴びた直子の裸の身体の美しさであると同時に、記憶、それも夢のような記憶として描かれたその表現の仕掛け自体が、この美しさをたたえているように思われる。それは、端的に、現実という保証すらなく、そのことで夢幻の空間にただよう、絶対的な「美」なのだ。それだけでも、『ノルウェイの森』の文学的価値は保証されようし、彼女を軸として恋愛模様が描かれている以上、この美しさは現代女性文学、最大の見せ場の1つといっても過言ではないのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

似た関係。

2002/09/12 23:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:神月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読んでいた時は、こんな結末になるとはあまり思えなかった。
ワタナベと直子の関係は、私とある人の関係にも似ていて必要以上に共感してしまった。
相手を想いながらもそれが痛みであり、どうにかしたくともどうにもならない狂気に支配される。
哀しい人間の人生が其処にはあふれるほど描かれていた。
最後の方をみたときは、自然に涙が出てきて止まらなかった。

暗いようではある話だが、根本に流れるものはあたたかい。
若い時に一度読んでおくべき本だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本を読み終えた時、しばらく何もする気になれなかった。

2002/04/28 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クーパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読み終えた時、しばらく何もする気になれなかった。
喪失感と言うか、寂寥感と言うかとにかく行くとこに行き着いた、そんな感じだった。
作者の「あとがき」まで読み終えもう一度上巻の1章を読み始めると初め読んだ時には分からなかったものが見えてくる。
そして、この再読の1章を読み終えたことで完結した。全てが繋がった。
僕はこういう本が好きなのだと初めて知った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春の影

2002/01/06 01:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユカリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 死の女と生の女。自殺した彼が忘れられずに愛していないのに付き合う、精神のバランスをくずした女と、強烈に愛情を求め近づいてくる女。どちらも実際にいたら、うざいことこの上ないとおもうのだが、主人公はふたりをそれぞれに愛している。しかし、一人を選ばなくてはならない、彼の良心が許さないから。
 ある意味まっすぐで、その為傷ついて、青臭さに吐き気がする。思い当たるふしがあるから。そして、その空気があまりにも生々しいから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛と感情のアンバランス

2001/03/07 09:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にむまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幻想的な世界観の中で登場人物はいきいきと動く読んでいくと揺れ動く心のアンバランスが絶妙なのだが、ちょっと長い作品になった為か下巻文体に元気がなくなっている。著者の言葉の使い方や文章の作りや組み立てのうまさで引っ張られているのですが、微妙な感覚を持続して不安定な心理状態を共有していく楽しみはあるとおもう。なんとなく読んでしまうが、あれだけベストセラーとして発売当時は評価されたが今読み直してみると…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/08 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/10 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/14 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/27 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/16 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/25 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。