サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オリエントの冒険
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1987.10
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/243p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-115255-X

紙の本

オリエントの冒険 (ミス・ビアンカシリーズ)

著者 マージェリー・シャープ (作),渡辺 茂男 (訳),エリック・ブレグバード (絵)

オリエントの冒険 (ミス・ビアンカシリーズ)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

のんびりとアラビアン・ナイト?

2004/11/20 02:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんず86 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ5作目。今回の冒険の行き先はオリエント。といっても、特別、どこの国と限定はされていませんが。

さて今回は…大使のところにオリエントの国の大使が訪問してきて、ミス・ビアンカがぼうやのポケットに入って、晩餐会に出席するところから始まっています。
ミス・ビアンカも香水や香油をつけたり、お化粧に念入りで…いやはや優雅、です。
大使夫人がオリエントの大使から贈り物としてもらった真珠の刺繍で飾られた絹のふくろを、ぼうやはぜひミス・ビアンカにあげてくれるよう頼みます。
ほかならぬミス・ビアンカのことと、夫人は快く絹のふくろをミス・ビアンカにあげるのですが。

偶然、ふくろのなかに入って眠り込み、この国まで来てしまったという小さなへび!
この、オリエントからきたへび(アリ)は、ミス・ビアンカにとある話をするのです。
王妃ラニーの不興を買って、象につぶされ処刑されてしまうという男の子の話を。

この話に、ミス・ビアンカが飛びつかないわけはありません。帰国する大使の飛行機に要領よく乗っかって、はるばるオリエントまで! ちゃっかりと快適な空の旅を満喫した二匹でした。

場面がオリエントにうつってからもそう。
ラニー王妃にたちまち気に入られたミス・ビアンカ。オウムの館(要するに鳥かご)に住まいをもらって、そこで寝泊りして、夜ごとにハープの演奏をしたり、詩人たちの朗誦に耳を傾けたり…また自分も詩作を続けたりと、たいへん有意義な日々を送ります。

バーナードはといえば、最初はミス・ビアンカといっしょにいたものの、王妃の前でくしゃみをしてしまったために場所移り。馬屋に住まうものの、新しい遊びポロをおぼえたり、試合にでたりで、これまた楽しい毎日。

思わず給仕の男の子の救出はどうなったの?と聞きたくなるけど、そこはそれ…ちゃんと突発口が。

王妃つきの侍女のふたり、マスリンとバニラ。きれいだけれどもちょっとおつむが軽そうな…という役どころ。
ラニーの命令のまま何の疑問を抱かずに、言いつけどおりにしているのだけれど、でも本当は…。それを知ったミス・ビアンカはこのふたりにあることを頼もうとするのです。

ミス・ビアンカの計画は大成功。トントン拍子に話は進んで…。給仕の男の子と、いっしょにつぶされようとしていた侍女ウィローをぶじ救い出し、ちょうど離陸を控えていた大使の飛行機に飛び乗って、待っていたバーナードと合流。
侍女と男の子のためにパスポートを手に入れてしまうというおまけつき。

本当にミス・ビアンカの冒険は、楽しくてちょっぴりスリルもあり、心おどるものでした。
少々の展開の強引さ、などにはこの際目をつむるとしましょう。

オリエントの雰囲気…『アラビアン・ナイト』な世界もよかった。わがままで勝手なラニーや、かわいいけど能天気な侍女のマスリンにバニラ、そして、出番こそ少なかったけれど、二人に親切にしてくれた賢い侍女ウィローと、多彩でした。

しかし、今回ひたすらポロに興じるだけで、救出劇には全くタッチしなかったバーナードは、いったい何のために行ったのか?
そのせいで最後、少々スネてるようすなのは可愛かった。

真夜中になってから昇ってくる青い満月、というのもオリエントらしい雰囲気でした。
これは実際にはあまりないこととして、英語の表記にあるそうです。

この巻は囚人友の会の救出劇の観点ではなくて、こういった副産物の部分に興味をひかれた私でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/30 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/27 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。