サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. 工作舎の通販
  6. 個体発生と系統発生 進化の観念史と発生学の最前線の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

個体発生と系統発生 進化の観念史と発生学の最前線
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:1987.12
  • 出版社: 工作舎
  • サイズ:22cm/649p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-87502-140-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

個体発生と系統発生 進化の観念史と発生学の最前線

著者 スティーヴン・J・グールド (著),仁木 帝都 (訳),渡辺 政隆 (訳)

個体発生と系統発生 進化の観念史と発生学の最前線

税込 6,050 55pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

発生学の歴史を通して生物進化における異時性の意義を論じた名著

2002/05/21 19:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は,発生と進化の関係を生物学的かつ生物学史的に切り込んだ勇敢な著作である.生物の進化は,受精卵にはじまる生物個体の発生過程(個体発生)と地球上の生命の連続性と多様性を生みだした祖先子孫の歴史(系統発生)との関わりの中で営まれてきた.では,個体発生は系統発生と因果的にどのように関係づけられるのか.この問題は,発生学と進化学にまたがる難問として立ちはだかってきた.

 19世紀のカール・エルンスト・フォン・ベアやエルンスト・ヘッケルに代表される生物学者たちは,生物進化の枠組みへの態度こそひとそれぞれだったが,個体発生と系統発生の関係に対して等しく多大な関心を寄せてきた.しかし,20世紀初頭の実験発生学の擡頭とともに,進化学的あるいは系統学的なアプローチは表舞台からいったんは退いた.実証的でない進化学や系統学に対する批判がこの時期に強まったからである.それでも,発生と系統との関係は進化発生学の「伏流」として,その流れは現在にいたるまで途絶えることがなかった.

 著者は,本書前半の第1部「反復説」では,幅広い生物学史の知見をふまえて,発生学の歴史を振り返り,進化思想がしだいに浸透するとともに,個体発生が系統発生の文脈でどのように捉えなおされていったのかを追究する.ヘッケルが1866年に提唱した「個体発生は系統発生を繰り返す」という反復説のルーツとその波及効果を著者は執拗に探る.続く第2部「異時性と幼形進化」では,個体発生過程の進化的変容を異時性(ヘテロクロニー)の観点から整理し,生態学における生活史戦略理論(r,K戦略)に則って,適応戦略としての異時性の系統発生を論じる.

 本書が出版されてからすでに四半世紀が過ぎ,異時性と生活史戦略とを直結させた第2部の内容そのものはすでに時代遅れとなっている点は否定できない.むしろ,最近の進化発生生物学(Evo-Devo)の急速な勃興とともに,個体発生と系統発生の歴史的に深い関わりを論じた第1部の科学史的内容がいまなお参照され続けているという事実は,本書の価値が永続的であることを証明している.

 エッセイストとして著名なグールドであるが,本書のようながっちりした本にも彼独自の持ち味がそこかしこに見られる.肺癌で惜しまれつつ亡くなったいま,後に残された読者は,彼の残した〈古典〉を再びひもとくことで,失われたものの大きさを痛いほど感じるにちがいない.

(三中信宏/農業環境技術研究所主任研究官)



■スティーブン・ジェイ・グールド氏が5月20日急逝されました。ご冥福をお祈りいたします。(bk1)
■追悼・スティーブン・ジェイ・グールドはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。