サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テレパシスト(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/305p
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

テレパシスト (創元推理文庫)

著者 ジョン・ブラナー (著),伊藤 哲 (訳)

テレパシスト (創元推理文庫)

389(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

今の時代にこそ読んで欲しい作品です。

2006/03/05 23:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

超能力の話は神通力、魔法といった形で古代から存在してきました。
しかし、神や悪魔の力とされていたものが人間の力となるにしたがって、
様々な設定が登場してきます。
しかし、超能力者自身の心理を正面から扱った作品は少ないように思えます。

ジェラルド・ハウサンは望まれて産まれた子供では無い。
彼は未婚の母とテロリストの父から産まれた。
父は貯水施設と共に爆死し国中を混乱に落とした末、数百万人を道連れにした。
内乱の最後に産まれたジェラルドは生まれつき背骨が曲がり左右の肩は不ぞろいで、
片足は他方より短く血友病でもあった。
私生児として国民の仇の息子として重度の身障者として彼は誰からも愛されることは無かった。
母親からさえも、、、。

しかし、ある事件がきっかけで彼は国連に保護される。
宇宙ステーションに勤務するテレパシストが彼の「声」に仕事を邪魔されたのだ。
ジェラルドは世界最大のテレパシー能力を発現させた。
彼のテレパシストとしての人生が始まったのだ、、、。

テレパシストが社会に認知され国連の管理の下で平和のために働き始めた時代。
彼らは少数ながらも社会に大きな影響を与えています。
紛争の調停者として、災害被害者の探索者として、患者の精神に入り込む治療者、
重病人の監視役、社会不満のモニターなどとして多方面で活躍しています。
しかし、重い社会責任、根強い偏見、無意識に与える大きな影響力など、、、。
人類を助けるテレパシストが苦境に陥った時、誰が助けてくれるというのか、、、。

社会におけるコミニュケーション、人間の深層心理、偏見や人間としての悩みなど
重いテーマを取り上げながら読みやすく楽しめる作品になっています。
ジェラルドが人間としてテレパシストとして成長する物語でありながら、
人間として他者に何をしてあげられるのか?
何をしてあげるべきなのか?考えさせられます。
自衛隊や軍隊を他の国に差し向けたことが本当に良かったのか?
私たちが周囲の人々に接している態度は本当に正しかったのか?
助ける、とはどんな意味を持った行動なのでしょうか、、、?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む