サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

峠に棲む鬼 上巻(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1981
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/318p
  • 利用対象:一般

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

峠に棲む鬼 上巻 (徳間文庫)

著者 西村 寿行 (著)

峠に棲む鬼 上巻 (徳間文庫)

410(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

峠に棲む鬼〈上巻〉

702 (税込)

峠に棲む鬼〈上巻〉

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お腹いっぱい

2007/10/12 21:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

栃木と福島の県境、平家の落人伝説が残る山間の鬼無村へ里帰りした逢魔麻紀子。が、村の住人全てが消え失せていた。逢魔家伝来の杖術明鏡流を武器に、警視庁公安部特別捜査班の真庭と共に調べを進めていく麻紀子だったが、敵の魔手は彼女にまで伸びてきて、ついには囚われの身に・・・。
著者得意のバイオレンス小説です。

大増殖したネズミが人々と街を襲うというパニック小説『滅びの笛』『滅びの宴』がとてもおもしろかったので、同じ著者で評判の良い本作を読んでみました。次から次へと描かれる暴力シーンとセックスシーン、「個」の集まりが巨大な権力を持つ組織と対決するという設定は読者を熱く燃え上がらせるものがあるのですが、郊外の一軒家、無人島、さらには海外と場所を変え目先を変えをしてはいるものの、戦闘→善戦するものの惜しくも負け→監禁→救出→再び戦いへ→善戦するものの惜しくも・・・、の繰り返し、だんだんと飽きてきてしまいます。
とは言え、著者の持ち味が十二分に活かされたというか、読者の期待への過剰なまでのサービスというか、もう盛りだくさんの内容です。が、それでかえって、しばらく集中して著者の小説を読んでみようと思っていたのですが、この一作でもうお腹いっぱい、もうしばらく読まなくていいかな、と思えるくらい西村寿行色が濃く詰まった作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する