サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海軍主計大尉小泉信吉(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-713001-7
文庫

紙の本

海軍主計大尉小泉信吉 (文春文庫)

著者 小泉 信三 (著)

海軍主計大尉小泉信吉 (文春文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中尉爆睡

2006/03/23 12:18

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本はかなり有名な本であるから、私のような者が今更内容を要約しても始まらないし、そもそも評者として私の出る幕ではないとは思うが、一ヶ所だけどうしてもコメントしたいところがある。
 小泉信吉中尉の乗り組んだ巡洋艦「那智」が、作戦を終えて補給のため佐世保に帰投する。「那智」の入港中、信吉中尉は、福岡の戸畑に住む伯母(母の長姉)を訪問する。彼は伯母や従兄弟たちと夕食を共にして一泊した。その時の模様が、伯母から信吉の母宛の手紙で描かれる。
 けさは八時過ぎたら起して下さいと申されましたから戸の外からノックしましたが、何の手応えもありません。勇士はくつわの音にも目をさますとか、次には無遠慮に戸をあけて寝床に近づき信ちゃん信ちゃんと呼べども答えず、
 「勇士は轡の音に目を覚ます」とか「暗夜に霜の降るを知る」というのは、講談でしばしば用いられる、すぐれた武士の心がけをいう慣用表現であるが、この「伯母」という人に限らず、太平洋戦争中までは、中年女性がこのような言い回しを妹への私信の中で使うほどであったことが分かる。おそらく知らず知らずのうちに身についた言い回しなのであろう。国定教科書の「修身」などでも用いられた表現なのかもしれない。信吉中尉は、この後、「八海山丸」に移乗して、備え付けの図書「落語全集」三巻本を読む、というくだりが書簡で出てくる。中尉は兵隊落語の柳家金語楼をけなしているから、新作嫌いであったらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/27 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/01 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/19 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/07 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。