サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

故郷忘じがたく候(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-710521-1
文庫

紙の本

故郷忘じがたく候 (文春文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

故郷忘じがたく候 (文春文庫)

税込 461 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歴史と現在の接点。

2002/02/03 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作「故郷忘じがたく候」は、豊臣秀吉の朝鮮出征の時に島津軍に連れてこられた朝鮮人陶芸師とその子孫の話。このような話しは現在と歴史をつなぐ話しのような気がして大変興味深い。
 しかし、「胡桃に酒」、「斬殺」もなかなかの出来だったと思う。表題作は小説というよりは取材記という感じで、司馬遼太郎の他の作品とは少し違った感じの作品であるように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

故郷忘じがたく

2001/11/08 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かがみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作「故郷忘じがたく候」の他「斬殺」「胡桃に酒」の3作からなる短編集。
 「故郷忘じがたく候」が一番面白かった。400年前に朝鮮南原(なもん)城で捕らえられ、拉致され、薩摩に連れてこられた朝鮮人達の話。いや、彼らは日本人によって帰化せしめられて以来、日本人として生きている。どの日本人達よりも優れた心を構えを持ったひとたちだ。
 「斬殺」は維新の時、新政府が奥州を僅か200の兵で攻めようとする話。奥州の人の慌てぶりが愉快。
 「胡桃に酒」は最低だった。たぶんこれによって後味がかなり悪くなったと思う。戦国時代、細川家に嫁入りした明智光秀の三女たまの話。つくづく思う。解った気になってる人間が一番始末に悪い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/14 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/01 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/09 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/03 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。