サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/366p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-715301-4
文庫

紙の本

千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子 (文春文庫)

著者 田辺 聖子 (著)

千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子 (文春文庫)

税込 492 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

寛(与謝野鉄幹)・晶子に宛てたラブレター

2004/11/12 12:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆるしたまへ二人を恋ふと君泣くや聖母にあらぬおのれの前に
わが外(ほか)に君が忘れぬ人の名の一つならずばなぐさましを
バチに似しもの胸に来てかきたたきかきみだすこそくるしかりけり

与謝野晶子には嫉妬に胸かきむしられる歌が多い。
一つ一つの歌を単独に味わい読み解くことは晶子の歌に限らず他のあまたの歌人にも言えることである。さりながらこと与謝野晶子という情熱の天才歌人の歌に触れるとき、その生涯、特に「明星派」の雄、浪漫思潮の先駆者でもある夫与謝野鉄幹、山川登美子らとの濃密な交流に想いを馳せないではいられない。

本書は与謝野晶子の評伝の形をとりながらも著者田辺聖子の渾身の極みをみるような文芸作品となっている。
読むほどにまるでドラマを見るような、映像をみているような錯覚にとらわれる。
晶子が生家の菓子屋の帳場で大福帳をつけている場面、鉄幹と初めて出逢う場面、鉄幹をめぐる先妻瀧野への終生の嫉妬、山川登美子との葛藤など。その都度詠んだ歌に血肉が通い歌が立体となって読者の心になだれ込んでくる。作者が晶子なのか、読者が晶子なのか分からなくなりそうなくらい作品に引きずり込まされる。

鉄幹という人物の生い立ちやその特異な性癖、猛々しさと幼児性、絶品とも言える歌の数々。凡庸でない天才鉄幹を晶子がいかに愛し、絶望し、胸かきむしるほど嫉妬せしめ、あまたの秀歌をつくらしめたか。人間与謝野晶子は年を経る毎に「みだれ髪」のころよりさらにしらべ美しく、深みのあるつややかな歌へと移行し、人生の重みをまし女心が深くなっていく様を著者は情愛こめて本書で書ききった。

この小説がかくも感動するものとなったのは「あとがき」で著者自身が語っているところにある。それは:
「この作品はいわば、寛(与謝野鉄幹)・晶子に宛てた私のラブレターである。二人の天才歌人に捧げるわが讃め歌である」とある。

晶子や鉄幹の歌を愛し、長きに渡って作者自身の魂の住人となっていた二人への愛が書かせた作品と言ってよいだろう。傍題に「わが愛の与謝野晶子」とあるはその所以でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/10 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/11 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/03 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。