サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四十一番の少年(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-711102-1
文庫

紙の本

四十一番の少年 (文春文庫)

著者 井上 ひさし (著)

四十一番の少年

税込 469 4pt

四十一番の少年

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.0MB 無制限
Android EPUB 4.0MB 無制限
Win EPUB 4.0MB 無制限
Mac EPUB 4.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

井上ひさしが笑いにこだわったわけ

2010/08/04 10:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 井上ひさしの自伝的要素の濃い作品である。
 つまり井上が一家離散し、仙台にあるカトリック系養護施設に入れられた少年時代の体験にもとづいて描かれた作品である。
 井上ひさしというと読者を笑わせることに腐心した戯作者という印象があるが、この作品ではそんな片鱗はない。しかし、読み終わってしばらくすると、井上ひさしがなぜ笑いにこだわったか、その根底にあるものの要素をこの作品に見つけたような気がする。
 養護施設での体験。特に孤児になってしまった子どもにとって「家族」への憧れと希求というものの切実さがどんなものかしみじみとした「痛さ」となって読者を刺した。
 話がずれるかもしれないが、昔、母と映画に行こうとなって、さてどんなものを見るかとなったとき、母は悲劇だけは絶対に見たくないといった。思いっきり夢のあるものや、笑うものが良いといった。悲しみや苦しみを知っているものにこそ、「笑い」は必要不可欠なものなのだ。
 井上ひさしは身をもってそれを知っていた戯作者であり、小説家であったとこの作品を読んで思った。




このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

井上ひさし全著作レヴュー 8

2010/08/03 15:37

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『四十一番の少年』『汚点』『あく る朝の蝉』の3編を収録。初出は全て「別冊文藝春秋」(1972年~73年)。
 井上ひさしは相当悲惨な状況を題材として描く際、必ずと言っていいほど笑いや救いを「中和剤」として投入し、読者を絶望の深淵に放り出すようなことは普通しない。しかし時折、どこまでも限りなく暗い陰惨な物語を、何らオブラートに包まず直截かつ赤裸々に描くことがある。5歳で父と死別した後母と義父との間に諍いが絶えず、果ては義父が有り金持って遁走したことから生活苦に陥り、カソリック修道会ラ・サール会の孤児院に預けられるに至る――この書に収められた3篇はいずれも、この時期の著者の生活苦を反映した作品である。
 重い小説である。戦争の実体験の無い筆者は、戦後日本の余りに貧しく厳しい生活を直視させられたようで、辛く悲しい気分にならざるを得ない。しかし井上氏は、どこかで、どうしてもこの小説を書かなければならなかったのだろう。二度と思い出したくない、辛い嫌な実体験にいつまでも付き纏われないようにするために、その対処療法として、真正面から見据えて作品化することで決着をつけたのだ。いずれも孤児院生活を舞台にしたこの3篇は、戦後日本の原風景をくっきりと映し出す。「現実」には、これに類する悲劇はきっと幾らでもあったのだろう。
 何度も読み返したいとは思わないが、井上ひさしの笑いとユーモアの根底に潜む「怨念」の重さと深さを知ることで、井上ひさしという作家の理解は確実に深まる。この「怨念」があるからこそ、井上ひさしの作品は一見笑いに溢れていても、決して上滑りにはならず、「現実」にしっかりと楔が打ち込まれている。それを認識するうえでも、一度は読まねばならぬ作品集である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/27 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/07 03:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/19 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/06 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/14 01:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。