サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はつ恋 改版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 133件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/137p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-201804-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

はつ恋 改版 (新潮文庫)

著者 ツルゲーネフ (著),神西 清 (訳)

はつ恋 改版 (新潮文庫)

400(税込)

はつ恋

410 (税込)

はつ恋

ポイント :3pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー133件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

恋の楽しさと怖さを描く

2015/10/21 23:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けy - この投稿者のレビュー一覧を見る

年老いた主人公が、昔を振り返るお話。
その名の通り初恋の物語だが、古典名作というだけあって、単なるラブコメディではない。恋とはどんなものなのかを主人公が知る場面がとても好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はつ恋の微笑ましさ

2001/01/28 11:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katokt - この投稿者のレビュー一覧を見る

 短くて、比較的単純な話だとは思うんだが、何度手にしても微笑ましさを感じるのは、その題材がはつ恋だからだろうか? それにしてもロシアの小説らしく、最初のエピソードが言い訳するような説明で始まるあたりも含めて微笑ましい。

 それにしても、ちょっとしたエピソードもはつ恋らしくて、夜明け方にちょっと目をさましたりするんだよなぁ。詳しくは

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/29 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/18 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 05:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/10 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/29 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/27 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/02 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/08 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る